ニュース

劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』『彼女の起源』など5作無料配信 トークも

無料配信企画「いつかまた劇場で」ビジュアル
無料配信企画「いつかまた劇場で」ビジュアル

劇団鹿殺しの無料配信企画「いつかまた劇場で」が本日5月1日20:00から始動する。

同企画では、劇団鹿殺しの過去5作品の映像を1週間ごとに週替わりで配信。配信は特設サイトで行なう。作品をセレクトするのは「一番の劇団鹿殺しフリーク」を自負しているという公式Twitterrの「中の人」である鹿五郎。

配信されるのは、5月1日20:00から5月8日19:59まで『キルミーアゲイン』、5月8日20:00から5月15日19:59までロックオペラ『彼女の起源』、5月15日20:00から5月22日19:59まで『岸家の夏』、5月22日20:00から5月29日19:59まで『第55回岸田國士戯曲賞』にノミネートされた『スーパースター』、5月29日20:00から6月5日19:59まで『電車』シリーズ第2作『無休電車』。各作品、配信の最終日には劇団員によるリモートアフタートークを配信。劇場や劇団の活動への想いを語り合うという。

劇団鹿殺しのコメント

劇場に行けない状況が続く今、「劇団って、演劇ってやっぱ楽しい…。(早く劇場に戻りたいなあ)」と想いを募らせる鹿殺しメンバー一同です。
中でも、老若男女の心をガツンと殴ってギュッと抱きしめる、そんな劇団鹿殺し作品を愛してやまない公式の中の人、鹿五郎。
劇場でお会いできるまで、一人でDVD観て焦がれてるのは寂しい…。
少しでも皆様の近くに「劇団鹿殺し」と「演劇」を感じていただくべく、鹿五郎オススメ作品を、5月1日から1週間ごとに週替わりで5作品、期間限定で無料配信することにいたしました!
各作品、最終日7日目の配信日には劇団員によるアフタートークをリモート配信!
お時間合えば、共に語り、思いっきり劇場に想いを馳せましょう。
今回配信するのは、鹿五郎が腹抱えて笑って、泣いた作品たち、今見て欲しい5作です。
「(あくまで劇団鹿殺し的な)劇団らしさ」、「作品のためなら度を超えちゃう演劇人の性(こちらもあくまで鹿殺しだけの常識)」を色濃く感じる5作、この機会に舞台に生きる人間の生態を垣間見てもらえたら嬉しいです!
演劇の興奮と感動を伝えることができる場所はやっぱり「劇場」です。
いつの日かまた、劇場でしか体験できない時間をお届けできるように、劇団鹿殺しも今出来る努力で粛々と踏ん張ります。
次回の劇場公演をお知らせできたその日には、ぜひお手持ちのカレンダーに◯をつけていただけると嬉しいです!
それまで、みなさまどうかお元気で、いつかまた劇場で

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開