ニュース

『VIVA LA ROCK 2019 AGAIN!』をGYAO!で配信 全64組のライブ映像公開

『VIVA LA ROCK 2019 AGAIN!』ビジュアル
『VIVA LA ROCK 2019 AGAIN!』ビジュアル

ライブ映像『VIVA LA ROCK 2019 AGAIN!』が本日5月1日からGYAO!で配信される。

5月2日から4日間にわたって埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催予定だった『VIVA LA ROCK 2020』。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてゴールデンウィークでの開催を断念した。現在は7月下旬から8月上旬での延期開催を模索中だという。

『VIVA LA ROCK 2019 AGAIN!』は昨年の5月3日から4日間にわたって開催された『VIVA LA ROCK 2019』の模様を捉えたもの。「STAR STAGE」「VIVA!STAGE」「CAVE STAGE」に出演した中から、昨年の開催時には配信されなかったアーティストを含む全64組のライブを配信する。5月31日まで配信予定。

YouTubeでは、さいたまスーパーアリーナの公式キャラクターであるさいたまん&たまーりん、プロデューサー・鹿野淳のコメントが公開されている。

現在、会場で販売予定だったオフィシャルグッズの販売を実施。背面にアーティスト表記のあるTシャツには、5月2日から4日間にわたって開催予定だった「幻の4日間」の出演アーティストを掲載している。5月11日まで受付中。

『VIVA LA ROCK 2020』オフィシャルグッズイメージ
『VIVA LA ROCK 2020』オフィシャルグッズイメージ
『VIVA LA ROCK 2020』ロゴ
『VIVA LA ROCK 2020』ロゴ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会