ニュース

『オンラインやついフェス』無料配信、クラウドファンディングスタート

『ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020』ロゴ
『ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020』ロゴ

やついいちろう(エレキコミック)主催のオンラインイベント『ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020』が6月20日、21日に無料配信される。

同イベントは同日6月20日、21日に東京・渋谷エリアのTSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、duo MUSIC EXCHANGE、7th FLOOR、club asia、VUENOS、GLAD、LOUNGE NEO、SOUND MUSEUM VISION、HARLEM PLUS、LOFT9 Shibuyaの13会場で行なわれる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により中止となった『YATSUI FESTIVAL! 2020』のオンライン版。

開催にあたり、イベント中止による赤字補填やライブハウス、アーティストへの支援およびオンラインフェスを成功に導くためのクラウドファンディングを、本日5月20日から開始した。会場キャンセル費、広告費、チケット配券、払い戻し手数料、制作準備費としてすでに700万円以上の負債を抱えているほか、生配信の経費によりさらに赤字が膨らむ計算だという。

両日14:00から開催予定の『ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020』では、当初『YATSUI FESTIVAL! 2020』で使用予定だった会場を利用し、無観客のライブを複数のチャンネルで生配信。各アーティストが持つプラットフォーム、チャンネルからの配信も予定している。全国のライブハウスとアーティストを繋ぐ試みも準備中。一部プラットフォーム会員限定コンテンツあり。

『YATSUI FESTIVAL!』では毎年、渋谷会場の近隣の飲食店とコラボレーションを行なってきたが、今回は全国版に拡大して全国の飲食店および生産家を紹介する「やついフェスフードコート」を開設。特別メニューの通販やテイクアウトを予定している。また面接ができずにいたキャンペーンガールの審査がオンラインでリスタート。募集は6月7日まで。各企画の詳細および出演者は後日発表される。

やついいちろうのコメント

今年のやついフェスは、たくさんの状況を踏まえて中止にしました。三密となるライブハウス周遊型のフェスはこの状況ではとても厳しい。
しかし何かはやりたい。
ただ何もないなんて空虚で、全く違う形になるけど、それでもやついフェスっぽさがあるものをやりたい。そんな思いから、全て無料のフェス「オンラインやついフェス2020」をやろうと決心しました。日本中を繋げてフェスをする。
お客さんは指一本で日本中を回る事ができる。歩いて回る必要がないから、世界のどこだってひとっ飛び。そんなフェスを考えています。
こうした試みは今のところ誰もやっていないと思います。
オンライン上に「やついフェスフードコート」も作ります。日本中のお店に参加してもらい、やついフェス特別メニューを通販したり、当日は家で食べながら参加して欲しいなーと思っています。
やついフェスキャンペーンガールも面接ができないので仕切り直して、オーディションをオンラインでやります。これも今まで見た事ない。面白い事になりそうです。
当然の事ながら、人生最大の大赤字をただ今背負っております。
そこで、やついフェスクラウドファンディングを立ち上げます。これで劇的な赤字を撃退しようと思います。
クラウドファウンディングのリターン用にやついフェス2020のTシャツなどのグッズも作るし、当日の裏側や制作風景を1枚にしたDVDも作る予定です。
初めての試みなのでワクワクしますが、ドキドキもする。どうやったらうまくいくのか誰も経験がないからわからない。それでもやってみる。それはなにより未来に面白い事があるっていう予定を作るのが僕の仕事だと思っているからです。
未来が面白くなかったら何のために日々を過ごすのかわからない。未来には常に面白いがあるはずだし、なければ作る。
未来を描ければ現在が変わる。急に忙しくなる。急に楽しくなる。これが未来に面白い事がある効能だと思います!
お客さんもわざわざ来なくて良いから参加しやすい!それこそ北海道や沖縄からだって無料で参加できるので、誰とも会えないけど、みんなと会える。
そんな今こそやれるフェスになると思います。当日は、沢山のアーティストや芸人、アイドル、DJが参加をしてくれます。
一般の人も出演者として参加できる仕掛けも考えています。
そうなったらもう全員が出演者のフェスです。それがオンラインやついフェス2020です。
新しい試みをやる事で、さらに赤字は増えるかもしれない。それでもやってみる事にしました。
是非、支援をお願いします。

『ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020』扉絵 アートディレクション:太田雄介/イラストレーション:Ardneks Paraiso Graphica
『ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020』扉絵 アートディレクション:太田雄介/イラストレーション:Ardneks Paraiso Graphica
やついいちろう
やついいちろう
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談