スチャダラパー責任編集の雑誌『余談』最新号に宮藤官九郎、宇多丸ら登場

スチャダラパーによる雑誌『余談 シン・ヨダン』が5月22日12:00からオンラインショップで発売される。

スチャダラパーの責任編集のもと自費出版で刊行される雑誌『余談』。2010年から1年に1冊のペースで作り始め、今年で10冊目となる。デビュー30周年とも重なった今回はサブタイトルに「シン・ヨダン」を据えている。

『余談 シン・ヨダン』に参加しているのは、宮藤官九郎、やけのはら、宇多丸、Mummy-D、セク山、白根ゆたんぽ、しまおまほ、高木“JET”晋一郎、藤原大輔、田口陵、A.K.I.、本秀康、ローリング内沢、田島貴男、ウナ丼、サンキュータツオ、yart先生、かせきさいだぁ、シャシャミン、大根仁、藤原ヒロシ、ほしよりこら。

宮藤官九郎による「この世界線に入る直前の2万字余談!」や、田島貴男による「田島さんの『どうかしてる趣味』を深掘り2万字!」など全272ページで様々な「余談」を展開する。表紙絵は亀井雅文が手掛けた。

  • HOME
  • Book
  • スチャダラパー責任編集の雑誌『余談』最新号に宮藤官九郎、宇多丸ら登場

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて