『アダムス・ファミリー』劇場アニメ化 ティザー映像&ビジュアル公開

アニメーション映画『アダムス・ファミリー』が今秋にTOHOシネマズ、イオンシネマで全国公開される。

漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた1コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』。1960年代にテレビシリーズやアニメシリーズが作られ、1991年と1993年に実写長編映画化された。日本ではホンダ自動車「オデッセイ」のテレビCMに起用。劇場版アニメが製作されるのは今回が初となる。

劇場版アニメのあらすじは、人間たちに故郷を追われ、荒れ果てた屋敷に辿り着いたゴメズとモーティシアは、子供のウエンズデーとパグズリー、執事のラーチと共に平和な日々を送っていたが、パグズリーが一族にとって重要な儀式「セイバー・マズルカ」を親戚たちの前で披露する日が刻々と迫り始めるというもの。

声優陣には、ゴメズ役のオスカー・アイザック、モーティシア役のシャーリーズ・セロン、ウェンズデー役のクロエ・グレース・モレッツ、パグズリー役のフィン・ウォルフハード、フェスター役のニック・クロール、フランプ役のベット・ミドラーが名を連ねている。脚本をマット・リーバーマンが手掛け、監督をコンラッド・ヴァーノンとグレッグ・ティアナンが務めた。

発表とあわせてティザー映像と日本版ティザービジュアルが公開。実写版にも使用されたテーマソングを起用したティザー映像には、ゴメズ、モーティシア夫妻が「これぞわが家」と抱き合って笑みを浮かべる姿をはじめ、赤い風船を手にしたウェンズデーにモーティシアが「変ね、普通は恐ろしいピエロが持ってる物よ」と語りかける様子、ラーチとハンドが連弾でピアノを演奏するシーン、ゴメズがパグズリーに「爆発するぞ!」と叫ぶ様、爆破音と共に浴槽に浸かったフェスターが現れる場面などが映し出されている。

ゴメズ、モーティシア、ウェンズデー、パグズリーの姿が写し出されたティザービジュアルには、「不思議な一家がやってくる!!」というコピーが添えられている。

作品情報

『アダムス・ファミリー』

2020年秋にTOHOシネマズ、イオンシネマで全国公開
監督:コンラッド・ヴァーノン、グレッグ・ティアナン 脚本:マット・リーバーマン 声の出演: オスカー・アイザック シャーリーズ・セロン クロエ・グレース・モレッツ フィン・ウォルフハード ベット・ミドラー ニック・クロール 上映時間:87分 配給:パルコ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『アダムス・ファミリー』劇場アニメ化 ティザー映像&ビジュアル公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて