封鎖中のNY発、バリー・ユアグロー著『ボッティチェリ』刊行 柴田元幸訳

バリー・ユアグローの短編集『ボッティチェリ 疫病の時代の寓話』が5月29日に刊行される。

1949年生まれのバリー・ユアグローはアメリカ・ニューヨーク在住の作家。これまでに『一人の男が飛行機から飛び降りる』『セックスの哀しみ』『憑かれた旅人』『ケータイ・ストーリーズ』といった著書を発表している。

44ページで構成された『ボッティチェリ 疫病の時代の寓話』は、これまでのユアグロー作品に携わっている柴田元幸が翻訳を担当。ユアグローが都市封鎖状態の続く4月5日から5月11日のニューヨークから柴田元幸に送った12の「超短篇」に加え、柴田元幸の解説を収録している。装幀は横山雄(BOOTLEG)が手掛けた。

書籍情報

『ボッティチェリ 疫病の時代の寓話』

2020年5月29日(金)発売 著者:バリー・ユアグロー 訳者:柴田元幸 価格:720円(税抜)
  • HOME
  • Book
  • 封鎖中のNY発、バリー・ユアグロー著『ボッティチェリ』刊行 柴田元幸訳

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて