東京藝大発のオンライン展『Alter-narratives』に七尾旅人、原田裕規ら出展

オンライン展覧会『Alter-narratives ーありえたかもしれない物語ー』が6月1日から特設サイトで開催される。

同展は、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科の長谷川祐子教授が監修し、キュレーションを専攻する学生5人が主体となって、展覧会を企画運営しながらキュレーションを学ぶための実践研究。現代の多様な価値観をキュレーターそれぞれの視点から捉え合わせることで新たな文脈を提示すること、多くの鑑賞者からの様々な反応を得ることで新たな学びを獲得することを目的とする。また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛・禁止といった状況下でもリーチできる形式で展覧会を実施することで、より多くの人々が作品を観賞し、よりよい未来について考える機会を創り出すことを目指すという。

展覧会には原田裕規、七尾旅人、ノ・サンホ、朴祥炫、鈴木美緒、田村友一郎、ウェイン・リム、ヨタが参加。原田裕規は『One Million Seeings』の24時間ライブストリーミング配信に加えてPDF冊子を配布する。七尾旅人は村松佳樹のイラストとコラボレーションした『兵士A』を展示。ノ・サンホはドローイングやペインティングを行う。

朴祥炫は『風景構成』の新バージョン、鈴木美緒は『綻び紡ぎ、時を思う』を映像作品として展示する。田村友一郎は東京藝術大学大学美術館陳列館前に鎮座する飾燈をモチーフとした、虚実入り乱れた物語世界をテキストベースで展開。ウェイン・リムは現在のシンガポールにおける自身を起点にし、未来で起こりうる事象を取り上げた記事を作品として制作する。ヨタは『金時』をHTML形式のウェブサイト内ウェブサイトとして構成する。

イベント情報

『Alter-narratives ーありえたかもしれない物語ー』

2020年6月1日(月)〜6月30日(火)
参加作家: 原田裕規 七尾旅人 ノ・サンホ 朴祥炫 鈴木美緒 田村友一郎 ウェイン・リム ヨタ
  • HOME
  • Art,Design
  • 東京藝大発のオンライン展『Alter-narratives』に七尾旅人、原田裕規ら出展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて