ニュース

アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』 声優陣に種崎敦美、豊永利行ら

左上から時計周りに種崎敦美、豊永利行、小松未可子、梶裕貴、櫻井孝宏、早見沙織 ©三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 ©SQUARE ENIX CO., LTD.
左上から時計周りに種崎敦美、豊永利行、小松未可子、梶裕貴、櫻井孝宏、早見沙織 ©三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 ©SQUARE ENIX CO., LTD.

テレビアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の声優が発表された。

10月からテレビ東京系で放送される同作は、1989年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載された、原作・三条陸、漫画・稲田浩司、原案・堀井雄二による漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』をテレビアニメ化するもの。ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの世界観をもとに、魔王ハドラーから世界を救うために勇者を目指して冒険に出る少年ダイを描いた作品だ。1991年にアニメ化されているが、今回はCGとアニメ作画のハイブリッドによる完全新作として制作。

声優陣は5月27日のYouTubeライブ配信発表会『ドラクエの日特別番組 ドラゴンクエスト ダイの大冒険 最新情報ダイ放出スペシャル!』で発表。勇者に憧れている主人公の少年・ダイ役を種崎敦美、ダイの仲間となる魔法使いの少年・ポップ役を豊永利行、ダイの仲間の僧侶戦士の少女・マァム役を小松未可子、パプニカ王国の美しき姫・レオナ役を早見沙織、ダイやポップの師匠となるアバン役を櫻井孝宏、魔王ハドラーが指揮する軍団の軍団長のひとりヒュンケル役を梶裕貴が務める。

種崎敦美のコメント

子供の頃に見ていた、あの頃の「ダイの大冒険」がこれでもかというほど自分の中にはあふれているので、その作品への熱い気持ちを胸に、新しい「ダイの大冒険」を作っていけたらと思います。初めてこの作品に触れる方にも、あの頃同じ気持ちで触れていた方にも楽しんでいただけるよう、全力で頑張ります。

豊永利行のコメント

ダイ、ダイ、ダイスキな、ダイの大冒険に...。
しかもまさか、ポップを演じさせていただける日が来るとは、思ってもいませんでした。
10代の頃、何周も読み耽っていた自分に教えてあげたいです。
「お前将来、ポップ演るよ」って。
おそらく「げええええ!」と言いながら両鼻から鼻水を垂らすことでしょう。
カッコつかないところも、小心者なところも、やる時ゃやるところも、精一杯演じさせていただきます!
メドローアーーーー!!

小松未可子のコメント

誰もが憧れた世界、誰もが勇気付けられたキャラクター達、誰もが感情を揺さぶられた物語。こんなにも、人生のバイブ
ルとなり得るすべてが詰まった作品に携われてとても光栄な気持ちで一杯です。魂を込めて、マァムの生き様を声に刻
みたいと思います!一視聴者としても、令和に再び彩られる「ダイの大冒険」を楽しみにしています!

早見沙織のコメント

多くの方々に愛される今作に携わることができる喜びを感じると同時に、緊張もしております。
凛として芯があり時にお茶目なレオナさんを存分に楽しみながら、キャストスタッフの皆さまとともに大冒険に出るような
気持ちで、
精一杯アフレコに臨みたいと思います。ぜひ、放送をお楽しみに!

櫻井孝宏のコメント

アバン役を務めさせていただきます櫻井孝宏です。
考えの深さ、対人の距離感がとても大人で、「能ある鷹は爪を隠す」の代名詞のようなキャラクターです。強さの描き方
を学んだ人物でした。
私たちの世代には懐かしく、10代~20代の皆さんは活劇の楽しさが味わえる作品だと思います。
ダイたちと一緒に大冒険の旅へ出ましょう。

梶裕貴のコメント

まさか、あの「ダイの大冒険」に自分が声優として...しかも、ヒュンケル役として関わらせていただけるとは...!誇張表
現ではなく、夢でも見ているような気分です。本当に幸せです。子供の頃、胸をときめかせながらマンガを読み、夢中に
なってキャラクターのマネをしていました。もしかすると、そのなかの「鎧化(アムド)!」が、オーディションに生かされたの
かもしれません。(笑)責任と誇りを持って演じさせていただきます。放送をお楽しみに!!

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性