ライブハウス支援『Save Our Place』第8弾に朝日美穂の新曲など4作品

OTOTOYのライブハウス支援企画『Save Our Place』の第8弾が配信リリースされた。

『Save Our Place』は、企画に賛同したミュージシャン、レーベルが未リリース音源をOTOTOYで配信し、その売上をミュージシャン、レーベルが希望する施設に届けるもの。クレジット決済手数料と、著作権登録がある場合は著作権使用料を除く音源の売上全額が施設に送られる。

配信が開始されたのは、朝日美穂『LISTEN』、ソンソン弁当箱や勃発など11アーティストが参加したコンピレーションアルバム『仙台新人類 SAVE FOR FLYING SON』、吉田肇(HeadacheSounds、PANICSMILE)が主催し、福岡・UTEROへのドネーションに賛同したアーティストが参加したコンピレーションアルバム『HeadacheSounds SAMPLER CD volume6 for UTERO fukuoka2020』、飛香流『飛香流』の4作品。

朝日美穂『LISTEN』の売上は東京・下北沢lete、『仙台新人類 SAVE FOR FLYING SON』は宮城・仙台 FLYING SON、『HeadacheSounds SAMPLER CD volume6 for UTERO fukuoka2020』は福岡・UTERO、飛香流『飛香流』は東京・吉祥寺のSTAR PINE'S CAFEにそれぞれ送金される。配信ページにはアーティストのコメントを掲載。

なおSTAR PINE'S CAFEへのドネーションとして『Save Our Place』内でリリースしていたパスカルズ『LIVE17才!』は、6月1日から神奈川・横浜のサムズアップへのドネーションへ切り替えられる。

OTOTOYでは投げ銭によるアーティスト支援も実施中。対象作品は最低金額に上乗せして支援することもできる。

  • HOME
  • Music
  • ライブハウス支援『Save Our Place』第8弾に朝日美穂の新曲など4作品

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて