アップリンク京都のオープン日が6月11日に決定、緊急事態宣言解除を受け

アップリンク京都のオープン日が6月11日に決定された。

有限会社アップリンクとしては、2005年オープンのアップリンク渋谷、2018年オープンのアップリンク吉祥寺に次ぐ3館目の映画館で、関西初進出となるアップリンク京都。4月16日に京都・烏丸御池の複合施設「新風館」の地下1階で開業予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で新風館のオープンが延期されることに伴い、オープン延期となっていた。

緊急事態宣言解除を受けてオープンするアップリンク京都は「レッド」「レインボー」「抹茶」「ストライプ」のそれぞれ異なるデザインコンセプトを持つ4スクリーンで構成され、田口音響研究所がアップリンク吉祥寺のために開発した平面スピーカーを全スクリーンに導入したミニシアターコンプレックス。スクリーン1は73席、スクリーン2は59席、スクリーン3は44席、スクリーン4は38席の計214席となる。アップリンク渋谷に併設するキッチンTabelaによるスパイスドリンクやベイクドメニューをはじめ、「伊良コーラ」、クラフトビール、添加物の少ないソーセージを使ったホットドッグなども展開。設計は北嶋祥浩(アビエルタ建築・都市)が担当した。オープン当日は『アップリンク傑作選』を特別価格で上映。

同日6月11日にグランドオープンとなる新風館にはアップリンク京都のほか、アジア初進出となるエースホテル京都と、関西初出店や新業態のショップ、レストランを含む全20店舗の商業ゾーン、ポップアップスペースが誕生。建築デザインの監修は隈研吾が務めている。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • アップリンク京都のオープン日が6月11日に決定、緊急事態宣言解除を受け

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて