森崎ウィン、emmaら共演 英勉監督の実写映画『妖怪人間ベラ』9月公開

映画『妖怪人間ベラ』が9月11日から東京・池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほか全国で順次公開される。

2011年の実写ドラマ版、2012年の映画版、2019年の新作テレビアニメ版、今秋公開予定のアニメ劇場版など様々な展開を見せている『妖怪人間ベム』シリーズ。女子高生という設定の妖怪人間ベラにフォーカスした『妖怪人間ベラ』の物語は、広告代理店勤務の新田康介が今や忘れ去られたコンテンツである『妖怪人間ベム』の特集のために訪れた廃墟で「幻の最終回」を目にしたことをきっかけに動きだす。

監督を務めたのは英勉。ベラによって狂わされていく主人公・新田康介役に森崎ウィン、ベラ役にemmaがキャスティングされているほか、堀田茜、吉田奏佑、吉田凜音、桜田ひより、清水尋也、六角精児らが共演する。主題歌はBREAKERZ“BARABARA”。

今回の発表とあわせて「人間になんかなりたくない」というコピーが記されたポスタービジュアルが公開された。

作品情報

『妖怪人間ベラ』

2020年9月11日(金)から池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほか全国で順次公開
監督:英勉 脚本:保坂大輔 原作:ADKエモーションズ 音楽:野崎美波 主題歌:BREAKERZ“BARABARA” 出演: 森崎ウィン emma 堀田茜 吉田奏佑 吉田凜音 桜田ひより 清水尋也 六角精児 配給:DLE

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 森崎ウィン、emmaら共演 英勉監督の実写映画『妖怪人間ベラ』9月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて