心霊研究家が見たものとは? 荒川良々主演『呪怨:呪いの家』本編映像

Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』の本編映像が公開された。

7月3日から配信スタートする同作では、2000年にビデオ版が発表され、2003年から2015年にかけて劇場版が公開された『呪怨』シリーズのもとになったという実話を「再現」。タレントの本庄はるかが夜中に家の中で聞こえる足音について心霊研究家・小田島泰男に相談したことからから物語が展開する。小田島泰男役に荒川良々、本庄はるか役に黒島結菜がキャスティング。監督は『きみの鳥はうたえる』の三宅唱が務めた。

本編映像では、小田島が「呪いの家」を見て回る様子や、事件を捜査する刑事から「部下たちに、この家が夢にでてくるってやつがいるんですよ」と語りかけられるシーン、何かが割れる音などが確認できる。今回の発表とあわせて場面写真も公開された。

作品情報

Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』

2020年7月3日(金)からNetflixで配信
監督:三宅唱 脚本:高橋洋、一瀬隆重 音楽:蓜島邦明 出演:  荒川良々 黒島結菜 里々佳 長村航希 岩井堂聖子 井之脇海 テイ龍進 松浦祐也 土村芳 柄本時生 仙道敦子 倉科カナ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 心霊研究家が見たものとは? 荒川良々主演『呪怨:呪いの家』本編映像

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて