森栄喜の個展がKEN NAKAHASHIで開催 初のサウンドインスタレーション

森栄喜の個展『シボレス | 破れたカーディガンの穴から海原を覗く』が、本日6月24日から東京・新宿のKEN NAKAHASHIで開催されている。

森栄喜による同ギャラリーでの3度目の個展となる今回は、初のサウンドインスタレーションを発表。小さな音を遠くへ飛ばすために用いられるホーンスピーカーから、森が綴った詩を多言語で朗読する声が発信される。

また展覧会に併せて、森による初のフォトエッセイ『Letter to My Son』がKEN NAKAHASHIから刊行。森はエッセイについて「この物語には、実在の詩人やアーティスト、お店などの名前がたくさん出てきますが、主要な登場人物たちの名前は記されていません。名もなき彼・彼女らの声の中に、あなたが、そして多くの方が、これまで飲み込んだ声、祈りとともに叫ぶ声、愛おしさにやさしく投げかけるであろう声を、見つけてもらえたらと強く思っています」とコメントしている。

KEN NAKAHASHIは現在予約制で営業中。ギャラリーを訪れる際は、会場のオフィシャルサイトから詳細をチェックしよう。

森栄喜のコメント

このエッセイは、半自伝的なものではありますが、同時に、かけがえのない出会いや、避けることのできない別れ、時間を越えた友情や愛情についての、普遍的な物語でもあると思っています。

僕が想像できる範囲なんて、ほんの小さなものだと思いますが、それでも、これまでの時代、今日、そしてきっと未来も、僕たちのすぐとなりで(または遠いところで)、本当にたくさんの発せられないまま飲み込まれる声、やっとの思いで発してもかき消されてしまう声があります。それは僕たち自身の届かない声かもしれません。

この物語には、実在の詩人やアーティスト、お店などの名前がたくさん出てきますが、主要な登場人物たちの名前は記されていません。名もなき彼・彼女らの声の中に、あなたが、そして多くの方が、これまで飲み込んだ声、祈りとともに叫ぶ声、愛おしさにやさしく投げかけるであろう声を、見つけてもらえたらと強く思っています。

この本が、この声が、多くの方に届きますように!

※記事掲載時から本文内容を修正いたしました。

イベント情報

森栄喜個展
『シボレス | 破れたカーディガンの穴から海原を覗く』

2020年6月24日(水)〜7月19日(日) 会場:東京都 新宿三丁目 KEN NAKAHASHI 時間:水、木、金曜11:00〜19:00、土、日曜11:00〜17:00 休廊日:月、火曜 料金:無料 ※事前予約制
  • HOME
  • Art,Design
  • 森栄喜の個展がKEN NAKAHASHIで開催 初のサウンドインスタレーション

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて