星野源が『AERA』表紙に登場 翌号から「ふたりきりで話そう」2週限定復活

星野源が表紙を飾る雑誌『AERA 2020年7月6日増大号』が6月27日に刊行される。

6月19日に自宅で全て1人で制作した新曲“折り合い”を発表し、6月23日にソロデビュー10周年を迎えた星野源。7月12日には初ライブを行なった場所から配信ライブを開催するほか、10月21日にはシングル全11作品を収めたシングルボックスをリリースする。

表紙は6月26日からTBS系で放送開始するドラマ『MIU404』の撮影が始まるまでの間隙を縫って撮影。Zoomの分割画面越しに行なわれたカラー5ページにわたるインタビューでは、“うちで踊ろう”を通じて感じたこと、初のソロアルバム『ばかのうた』から“折り合い”まで続く自身のスタイル、音楽を作る楽しさ、10周年の「先」に抱く希望などについて語っている。

さらに同号に続く7月6日発売号と7月13日発売号では、2016年から2018年にかけて掲載された連載「星野源 ふたりきりで話そう」が限定復活。『MIU404』の監督を務める塚原あゆ子をゲストに招いた対談を、互いに撮りあったインスタント写真と共に掲載する。

書籍情報

『AERA 2020年7月6日増大号』

2020年6月27日(土)発売 価格:391円(税別) 発行:朝日新聞出版

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 星野源が『AERA』表紙に登場 翌号から「ふたりきりで話そう」2週限定復活

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて