『攻殻機動隊』草薙素子が表紙を飾る『anan』に神山健治&荒牧伸志監督ら

草薙素子が表紙を飾る雑誌『anan 2208号』が7月8日に刊行される。

同号の特集は「体感せよ! エンタメの最新系」。現在Netflixで配信中の『攻殻機動隊 SAC_2045』の主人公・草薙素子を描き下ろしたイリヤ・クブシノブは、同作のキャラクターデザインも手掛けている。

特集では『攻殻機動隊 SAC_2045』の監督を務めた神山健治と荒牧伸志が制作の裏側や作品に込めたメッセージについて語るほか、『攻殻機動隊』シリーズ全ての作品で草薙素子の声を演じた田中敦子、作品のファンだという西川貴教へのインタビューを掲載。

さらに韓国ドラマ『椿の花咲く頃』に出演するカン・ハヌルのグラビアとインタビューや、東方神起らが参加したオンラインライブ『Beyond LIVE』レポート、今田耕司、仲里依紗、かまいたち、江頭2:50が語る「動画配信の面白さ」、斎藤工、湯浅政明、宇川直宏が考察する「映像エンタメの未来」、世界(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE)、秋元才加による「Disney+」体験記事、『あつまれ どうぶつの森』入門、岡崎体育らによるオンラインゲームの楽しみ方、バーチャルアイドル夏色まつりへのインタビューなども収録される。

書籍情報

『anan 2208号』

2020年7月8日(水)発売 価格:650円(税込) 発行:マガジンハウス

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『攻殻機動隊』草薙素子が表紙を飾る『anan』に神山健治&荒牧伸志監督ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて