ニュース

堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro

ソフトバンク「SoftBank 5G」と『ドラえもん』がコラボした新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇が7月1日から全国で放映される。

ブルース・ウィリスがドラえもん役で出演するCMシリーズの新作となる「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇には、新たに、45歳の野比のび太役の堺雅人、15歳ののび太役の鈴木福、のび太のパパ役の小手伸也、のび太のママ役の渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)が出演。前作「5Gってドラえもん?『登場』」で引っ越し先を間違えたドラえもんが破壊した白戸家の屋根からタケコプターで出てくるところから物語がスタートし、引っ越しの荷物を新居に運んでいたのび太たちと合流する様子、外に出てきた白戸家と野比家が初顔合わせする場面、「45歳ののび太です」とタイムマシーンから45歳ののび太が登場するシーンなどが映し出されている。

今回の発表とあわせてメイキング映像が公開。なおメイキング映像の撮影は2月某日に行なわれたとのこと。


堺雅人のコメント

のび太役を演じた感想
ドラえもんは子供の頃からとても好きな番組だったので光栄です。こんな日も来るんだと。タイムマシンがあったら、当時の自分に教えてあげたいですね。大人になったら、のび太の役をすることになるよと。アニメも見ていましたが、特に漫画は繰り返しコミックスを読んでいました。
ブルース・ウィリスがドラえもん役であることについて
オファーした方もそうですけど、それを引き受けたブルース・ウィリスさんもすごいなと思いました。お会いできる日を楽しみにしています。
「5Gってドラえもん?」というコンセプトについて
面白いですよね。今でも街中でイヤホンを使って会話している人を見かけますが、あれよりすごい人たちが街中に現れるんですよね。目の前に人がいるのにそれぞれ違う人と喋っているというようなケースも増えてくるんでしょうね。ドラマとかでも、必ずしも登場人物が会話しているとは限らないというか。ちょっと混乱しそうです。
もしもドラえもんのひみつ道具が使えるとしたら
「タイムトンネル」とか、「タイムふろしき」とか、「タイムマシン」とか、時間を行き来するひみつ道具を使ってみたいですね。死んだ人に会いに過去へ行ったり、生まれて来る子供の将来をのぞくために未来へ行ったり知りたいような、知ると怖いようなところもありますけどね。自分のことで言うと、どの食べ物に気をつけないとこの病気になってしまうとか、そういうのが詳しく分かりそうです。あの時に食べた物が良くなかったから病気になったとか、あの時に腰をねじったから今も痛いんだとか。
5Gの技術によって叶えてほしいことや、期待する未来について
“ゴッドハンド”と呼ばれるようなマッサージ師に、遠隔操作で治療してもらいたいですね(笑)。あと5Gの世の中になると、今より働かなくてももっと楽になるんじゃないでしょうか。たとえばドローンが配達してくれたり車が自動運転してくれたりするので、その時間を使って自分が何をするのか、これからいろいろ考えた方が良さそうですね。

ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
ソフトバンク新テレビCM「5Gってドラえもん?『のび太登場』」篇より ©Fujiko-Pro
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る