clubasiaの存続支援コンピアルバム『sound leakage 2020』に30組参加

東京・渋谷 clubasiaの存続支援コンピレーションアルバム『sound leakage 2020』が7月3日16:00からBandcampで配信される。

clubasiaを運営するカルチャー・オブ・エイジアが運営していたVUENOS、Glad、LOUNGE NEOが新型コロナウイルスの影響により5月31日に閉店したことを受けて、Kabanaguが発起人となり、TEMPLIMEとclubasiaの協力のもと同企画を実現。配信は3か月間実施。

同作には、clubasia系列にゆかりのある30組のアーティストが参加。参加アーティストは、Amps feat. Iori Kimura、Batsu、DJ WILDPARTY、EmoCosine+GUANA、Hercelot、hirihiri、imai、isagenKabanagu、kamome sano、kissmenerdygirl、kyo、Masayoshi Iimori、Mikeneko Homeless、monolith slip、pavilion xool、PSYQUI、Ryuki Miyamoto feat. Mr.Q(ラッパ我リヤ)、Tomggg、Tsubusare BOZZ、upusen、WATARU、XYLÖZ、yuigot+長谷川白紙、Zekk、ウ山あまね、ハレトキドキ、栄免建設、星宮とと+KOTONOHOUSE+TEMPLIME、柴田。アートワークはGraphersRockが担当。

価格は3000円で、30曲を収録。売り上げは全額カルチャー・オブ・エイジアに寄付される。

リリース情報

V.A.
『sound leakage 2020』

2020年7月3日(金)Bandcampで配信リリース 価格:3,000円
  • HOME
  • Music
  • clubasiaの存続支援コンピアルバム『sound leakage 2020』に30組参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて