ニュース

峯田和伸と橋本マナミのコメント到着 映画『越年 Lovers』12月公開

『越年 Lovers』 ©2019映画「越年」パートナーズ
『越年 Lovers』 ©2019映画「越年」パートナーズ

映画『越年 Lovers』が12月に公開することが決定。メインキャストのコメントと場面写真が発表された。

グオ・チェンディが監督と脚本を務めた同作は、岡本かの子『越年 岡本かの子恋愛小説集』『老妓抄』をもとにした作品。日本・山形、台湾の首都・台北と彰化県の海辺の町、マレーシア・クアラルンプールを舞台にしたラブストーリーを描く。監督が山形の雪と桜にインスパイアされ、撮影が決まったという日本パートは、久しぶりに帰郷する主人公・寛一役
に山形出身の峯田和伸(銀杏BOYZ)、寛一の幼なじみで初恋相手の碧役に同じく山形出身の橋本マナミがキャスティング。『第15回山形国際ムービーフェスティバル2019』で初上映された。

場面写真には、ギターを手にする寛一と本を広げる碧の姿や、碧が雪景色の中で笑みを浮かべる様子などが写し出されている。グオ・チェンディ監督は、同じ越年の風景でも山形のマイナス20℃の雪景と30℃を越すクアラルンプールとのコントラストが映し出された『越年 Lovers』について、「それは、時に冷め、時に熱を帯びる愛情のプロセスのようでもあった」とコメント。

峯田和伸のコメント

撮影が行われたのは僕が生まれ育った山形の街でした。辺り一面、真っ白な雪景色。夜になって照明がつけられ、長靴で雪道を踏む足音だけが聞こえる。写し取られた映像を見ると、まるで北欧映画のワンシーンのようでした。かつて僕が生きていて、そして今は僕だけがいないような山形の静けさの中で、橋本マナミさんと目と目を合わせました。吸い込まれそうでした。真っ白なまま、あたたかい映画になっています。

橋本マナミのコメント

このたび碧役を演じさせていただきました橋本マナミです。こんなに真っ直ぐで透き通るような純愛の物語を演じるのは初めての事でドキドキしていました。峯田和伸さん演じる寛一と対峙したときに色々な感情が溢れてきましたが、同郷の峯田さんのおかげでリラックスして演じることができました。地元の方も出演者として出られているシーンがいくつかあり、山形ならではの温かさも感じられる作品です。山形の美しい雪景色を舞台にした寛一と碧の純愛を楽しんで頂けたら嬉しいです。

『越年 Lovers』 ©2019映画「越年」パートナーズ
『越年 Lovers』 ©2019映画「越年」パートナーズ
『越年 Lovers』 ©2019映画「越年」パートナーズ
『越年 Lovers』 ©2019映画「越年」パートナーズ
峯田和伸と橋本マナミ
峯田和伸と橋本マナミ
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察