深澤直人がキュレーション参加 イデー新業態「IDEE TOKYO」8月オープン

「IDEE TOKYO」が8月3日に東京駅 グランスタ東京のB1階にオープンする。

「生活の探求、美意識のある暮らし」をテーマに据えて、オリジナルデザインの家具やインテリア雑貨を取り扱う良品計画のインテリアブランド「イデー(IDEE)」。「イデー」の新業態となるIDEE TOKYOでは、商品の展示、販売からデザイナー、アーティスト、職人の発掘まで暮らしをリファインする「もの」や「こと」を発信し続けていくという。店内に併設されるギャラリーでは独自編集で企画や展示会を開催予定。

プロダクトデザイナーで無印良品アドバイザリーボードの深澤直人と共にキュレーションした商品には、デンマークのインテリアブランドKarakterのサイドテーブル「COMODO Achille Castiglioni, 1988」や、深澤直人デザインの「ミニマリズム」をテーマにした「土手重箱 越前塗」、ARAI YOKOのショルダートート、IDEE TOKYO限定カラーのラウンドチェア、オリジナル限定アイテムとなる柚木沙弥郎デザインの手ぬぐい「IDEE Daily Cloth」など様々なデザインプロダクトがラインナップ。

オープニング企画として、8月3日から陶芸家・黒田泰蔵の個展『不完全な完全』が開催される。

  • HOME
  • Art,Design
  • 深澤直人がキュレーション参加 イデー新業態「IDEE TOKYO」8月オープン

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて