中村倫也と石橋静河がキス寸前 映画『人数の町』予告編&場面写真公開

映画『人数の町』の予告編と新たな場面写真が公開された。

『第1回木下グループ新人監督賞』準グランプリを受賞した同作の舞台は、衣食住が保証され、出入りも自由だが、決して離れることはできない謎の「町」。借金取りに追われて暴行を受けていた主人公の蒼山が、黄色いツナギを着た男に誘われ、「町」に辿り着くことから物語が展開される。蒼山役を中村倫也、妹を探すために「町」を訪れる紅子役を石橋静河が演じる。監督・脚本は松本人志出演の「バイトするならタウンワーク」のCMなどを手掛け、『人数の町』が初長編映画となる荒木伸二。9月4日から公開される。

予告編では、蒼山たちが列をなして進む姿をはじめ、「部屋に入ったらこの町のガイドであるバイブルを熟読すること」という声、「俺は、最高でも、最低でも、特別でもなかった。『町』に向かう他の者たちと同様、意思が弱く、世の中に居場所がなかった」という言葉、紅子が辺りを見回す様子、黄色いツナギを着た男が「受け入れますよ、我々は」と口にする場面、蒼山と紅子がキスしようとするシーン、「あなたの欲望をすべて肯定する」というナレーションなどが確認できる。場面写真には、蒼山と紅子がバスに乗る姿などが写し出されている。

同作のムビチケカードは7月10日から全国の上映劇場で販売される。

作品情報

『人数の町』

2020年9月4日(金)から新宿武蔵野館ほか全国で公開
監督・脚本:荒木伸二 音楽:渡邊琢磨 出演: 中村倫也 石橋静河 立花恵理 橋野純平 植村宏司 菅野莉央 松浦祐也 草野イニ 川村紗也 柳英里紗 山中聡 配給:キノフィルムズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 中村倫也と石橋静河がキス寸前 映画『人数の町』予告編&場面写真公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて