大倉忠義×成田凌 行定勲監督『窮鼠はチーズの夢を見る』新場面写真公開

行定勲監督の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の新たな場面写真が公開された。

9月11日公開予定の同作は、水城せとなの漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』をもとにした作品。不倫を繰り返してきた大伴恭一は、浮気調査員として現れた大学の後輩・今ヶ瀬渉から妻に不倫の事実を隠す条件として「カラダと引き換えに」と提案され、彼のアプローチに振り回されるが、徐々に2人で過ごす時間を心地よく感じ始めるというあらすじだ。広告代理店勤務の大伴恭一役に大倉忠義、約7年間恭一を想い続けていた今ヶ瀬渉役に成田凌がキャスティング。

場面写真には、今ヶ瀬が自室のベッドで煙草を咥える様子や、恭一の部屋のソファで誕生日のお祝いにプレゼントされたワインを抱えているシーン、恭一の部屋のハイチェアの上で体を丸めて座る姿が写し出されている。

行定監督は成田凌について、「成田くんが演じる今ヶ瀬はとにかく可愛らしかったですね。しなやかで、繊細で。彼は、恋をしている高揚感に満ちた表情、特にキラキラと潤んだ瞳を表現するのが難しいと言っていたけれど、お芝居をし始めると不思議とそうなっていました」とコメント。

作品情報

『窮鼠はチーズの夢を見る』

2020年9月11日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開
監督:行定勲 脚本:堀泉杏 原作:水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』(小学館「フラワーコミックスα」) 音楽:半野喜弘 出演: 大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 大倉忠義×成田凌 行定勲監督『窮鼠はチーズの夢を見る』新場面写真公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて