ニュース

松山智一が監修・制作、新宿東口駅前広場が大規模パブリックアートで刷新

新宿東口駅前広場ビジュアル
新宿東口駅前広場ビジュアル

新宿東口駅前広場が7月19日にオープンする。

ルミネと東日本旅客鉄道が新宿東口駅前を美化整備するため共同で手掛ける新宿東口駅前広場は、ニューヨークで活動する松山智一が監修、制作したパブリックアートを中心としたコミュニティースペース。地元の人々の憩いの場、国内外から新宿を訪れる人々のランドマークとして、「グローカル」な交流が生まれることを目指すという。

広場全体のコンセプトは「都会」を意味する「Metro」、「自然」を意味する「Wild」、「当惑」を意味する「Bewilder」の3つを合わせた造語「Metro-Bewilder」。中央には「花束を持っている少年」をモチーフにした7メートルの巨大モニュメントが設置されるほか、床のグラフィックアートは、様々な国の花や時代の意匠柄を融合させたランドアートとなる。

松山智一の起用理由には、松山の作品の特徴でもある「西洋と東洋」「古典とポップカルチャー」などの相反する要素を「サンプリング」するスタイルが新宿の「オフィス街と繁華街が共存し、世界中の多種多様な人が集まるカオス感」の表現に適していることなどを挙げている。

広場の完成にあたっては、ベンチが組み込まれたR状の壁や、彫刻足元の台座部分、植栽部分のデザイン、各種素材の提案など、アートと建築がひとつになるように、松山のラフプランをもとに大野力(sinato)が全体の建築デザイン設計を担った。

松山智一のコメント

今回のパブリックアート制作には、ミクロとマクロの2つの視点でのコンセプトがあります。ミクロな視点では、この場所が、これまであまり活用されていない場であったものの、見るアングルによっては“東京らしさ”を発見できる場所なので、この場所をテーマに「Metro-Bewilder」(メトロビウィルダー)という造語を作成し、新宿の大都会の中に自然をアートとくっつけて“訪れる人達に驚きを提供する“というコンセプトです。マクロな視点では、新宿は世界で一番の交通量があり、世界中から商業・文化・飲食などを求めて訪れる場所であると同時に、いまだにローカルカルチャーが根付いている場所でもあります。これは東京でもなかなかないことで、グローバルとローカルが共存しているからこそ喧騒感があり、個性がある、新宿のキャラクターが生まれているので、このローカルとグローバル=グローカルをコンセプトにプランニングしました。

新宿東口駅前広場ビジュアル
新宿東口駅前広場ビジュアル
新宿東口駅前広場ビジュアル
新宿東口駅前広場ビジュアル
新宿東口駅前広場ビジュアル
新宿東口駅前広場ビジュアル
巨大モニュメント完成模型
巨大モニュメント完成模型
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」