ニュース

渋谷慶一郎が音楽テクノロジーの最前線を語る Eテレ『ららら♪クラシック』

『ららら♪クラシック』
『ららら♪クラシック』

音楽番組『ららら♪クラシック』が7月24日にNHK Eテレで放送される。

「渋谷慶一郎が語る~テクノロジーと音楽~」と題された同回は、最先端テクノロジーを自らの作品に取り入れてきた音楽家の渋谷慶一郎をゲストに迎え、音楽テクノロジーの最前線を紹介。AIグレン・グールド、アンドロイド「オルタ3」などが登場するほか、新型コロナウイルス感染拡大の影響で注目を集める「リモート合奏ソフト」、ドイツの音楽大学で行われた「リモート入試」、音源分離、AIアシスト楽曲制作ツールといったテクノロジーを紹介する。スタジオではAIが作曲した「バッハ・スタイル」の楽曲と、バッハ本人の楽曲を聞き分ける「バッハ・クイズ」を行なう。

AIと人間の共創の可能性を追求するためのヤマハによるプロジェクト「Dear Glenn」は、1982年に亡くなったグレン・グールドの遺した約100時間におよぶ音源からAIが学習し、どんな楽曲でも「グールドらしい表現」で演奏することができるプログラム。今回は生前本人が演奏していない曲に挑戦する。

また、AIを搭載したピアノとバイオリニストの成田達輝との共演や、渋谷慶一郎と人工的に生命を作る「ALife」の考えのもとに開発されたアンドロイド「オルタ3」との演奏も放送。渋谷のピアノに合わせてオルタ3が即興で歌を披露し、アンドロイドオペラ『Scary Beauty』の表題曲をパフォーマンスする。

そのほかのゲストには前澤陽、VTR出演のジャン・ミッシェル・ジャール、鈴木優人、光藤祐基、岸治彦、池上高志らが名を連ねる。

渋谷慶一郎のコメント

音楽は元々テクノロジーと密接なんです。新しい楽器も奏法も人と道具の関わりという意味ではテクノロジーと言えるでしょう。例えばモーツァルトも新しいクラリネットが発明されるとそれのために曲を書いていたことと、20世紀に入ってから作曲家が電子音楽に夢中になったことはさほど違いはないんです。つまりテクノロジーは基本的に進化しかしないから当然、創作を触発し作る側はその刺激を求めているのです。

『ららら♪クラシック』
『ららら♪クラシック』
『ららら♪クラシック』
『ららら♪クラシック』
『ららら♪クラシック』
『ららら♪クラシック』
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会