現代のアイヌ描く映画『アイヌモシリ』10月公開 三浦透子、リリーら出演

映画『アイヌモシリ』が10月17日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

同作は、『第19回トライベッカ映画祭』国際コンペティション部門で日本の長編映画史上初の審査員特別賞を受賞した作品。北海道・阿寒湖畔のアイヌコタンで暮らす14歳のカントは、亡き父の友人デボにアイヌの精神や文化について教えられ、次第に子熊の世話を任せられるようになるが、デボは熊送りの儀式「イオマンテ」復活のために子熊を飼育していたというあらすじだ。

主人公カント役を演じるのはアイヌの血を引く下倉幹人。父の死をきっかけにアイヌの活動に参加しなくなり、友人たちとバンド練習に明け暮れていたが、デボとの交流を通してアイヌの精神や文化を少しずつ理解するというキャラクターだ。下倉幹人は同作で初主演を果たし、演技に初めて挑んだという。カントの母エミ役にアイヌ工芸作家の下倉絵美がキャスティング。そのほかの出演者に三浦透子、リリー・フランキーらが名を連ねる。

監督と脚本を務めたのは『リベリアの白い血』の福永壮志。福永が約5年の歳月をかけて制作した『アイヌモシリ』は『第19回トライベッカ映画祭』で「福永壮志という独自の視点をもった有望な監督の発見である!」と正式にコメントが寄せられ、審査員のダニー・ボイルやウィリアム・ハートらが賛辞を送ったとのこと。

発表とあわせてメインビジュアルが公開。阿寒の冬景色の中で佇むカントの姿が写し出されているほか、「少年は、世界に触れた。」というコピーが添えられている。アイヌ文様のデザインは下倉絵美が担当した。

作品情報

『アイヌモシリ』

2020年10月17日(土)からユーロスペースほか全国で順次公開
監督・脚本:福永壮志 音楽:クラリス・ジェンセン、OKI 出演: 下倉幹人 秋辺デボ 下倉絵美 三浦透子 リリー・フランキー 配給:太秦 上映時間:84分
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 現代のアイヌ描く映画『アイヌモシリ』10月公開 三浦透子、リリーら出演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて