ニュース

現代のアイヌ描く映画『アイヌモシリ』10月公開 三浦透子、リリーら出演

映画『アイヌモシリ』が10月17日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

同作は、『第19回トライベッカ映画祭』国際コンペティション部門で日本の長編映画史上初の審査員特別賞を受賞した作品。北海道・阿寒湖畔のアイヌコタンで暮らす14歳のカントは、亡き父の友人デボにアイヌの精神や文化について教えられ、次第に子熊の世話を任せられるようになるが、デボは熊送りの儀式「イオマンテ」復活のために子熊を飼育していたというあらすじだ。

主人公カント役を演じるのはアイヌの血を引く下倉幹人。父の死をきっかけにアイヌの活動に参加しなくなり、友人たちとバンド練習に明け暮れていたが、デボとの交流を通してアイヌの精神や文化を少しずつ理解するというキャラクターだ。下倉幹人は同作で初主演を果たし、演技に初めて挑んだという。カントの母エミ役にアイヌ工芸作家の下倉絵美がキャスティング。そのほかの出演者に三浦透子、リリー・フランキーらが名を連ねる。

監督と脚本を務めたのは『リベリアの白い血』の福永壮志。福永が約5年の歳月をかけて制作した『アイヌモシリ』は『第19回トライベッカ映画祭』で「福永壮志という独自の視点をもった有望な監督の発見である!」と正式にコメントが寄せられ、審査員のダニー・ボイルやウィリアム・ハートらが賛辞を送ったとのこと。

発表とあわせてメインビジュアルが公開。阿寒の冬景色の中で佇むカントの姿が写し出されているほか、「少年は、世界に触れた。」というコピーが添えられている。アイヌ文様のデザインは下倉絵美が担当した。

『アイヌモシリ』メインビジュアル ©AINU MOSIR LLC/Booster Project
『アイヌモシリ』メインビジュアル ©AINU MOSIR LLC/Booster Project
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会