ニュース

『バンコクナイツ』『サウダーヂ』など12作上映 『空族リターンズ 2020』

特集上映『空族リターンズ 2020』が8月22日から東京・新宿のK's cinemaで開催される。

同イベントでは映像制作集団「空族」による12本を上映。青山俊董との対話を通じて仏教と信仰を探求する富田克也監督の最新作『典座 -TENZO-』をはじめ、総移動距離4000キロメートル以上のタイとラオスのオールロケを実施した『バンコクナイツ』と、メイキングドキュメンタリー『映画 潜行一千里』、「土方・移民・ヒップホップをテーマに据えた『サウダーヂ』、『サウダーヂ』へと繋がる「地方都市ロードサイド」のリアルを描いた『国道20号線』、富田克也監督の処女作『雲の上』、ドキュメンタリー作品『FURUSATO2009』、おみゆきCHANNELと共にフィリピンのスラムに潜入した『RAP IN TONDOの長い予告編』、YOUNG-GがKlapYaHandzを求めて富田克也と共にカンボジア・プノンペンを訪れる『ラップ・イン・プノンペン』、相澤虎之助監督の『かたびら街』、「麻薬」がテーマの『花物語バビロン』、「戦争」を題材にした『バビロン2 -THE OZAWA-』がラインナップしている。

富田克也(空族)、相澤虎之助(空族)のコメント

本当の世界はこんなはずじゃない。だから、常に眼前にはあるけど見えていない丸裸を映し出そう。そう思って映画を作り続けてきた。
しかし、コロナウィルスは一撃で世界を一変させ、私たちは現実にいながらそれを感知しはじめている。いま再びこの状況下で映画館のスクリーンで映画を観るという行為は、きっと私たちの何か新しい“感知の扉”が開かれていくことに繋がるはずだと思っている。

『空族リターンズ 2020』ビジュアル
『空族リターンズ 2020』ビジュアル
『空族リターンズ 2020』ビジュアル
『空族リターンズ 2020』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会