ニュース

菅田将暉×有村架純『花束みたいな恋をした』KIGIによる「超ティザー」公開

映画『花束みたいな恋をした』の「超ティザービジュアル」が公開された。

同作は、ドラマ『東京ラブストーリー』『Mother』『最高の離婚』『Woman』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『カルテット』『anone』などを手掛けた脚本家の坂元裕二が書き下ろした恋愛映画。「2020年の東京」を舞台に、東京・明大前駅で終電を逃したことから偶然出会った男女による5年間の恋の行方を描く。菅田将暉と有村架純のダブル主演。監督は『罪の声』の公開を控える土井裕泰が務めた。今冬公開予定。

「超ティザービジュアル」は、植原亮輔と渡邉良重が2012年に共同で設立したクリエイティブユニット「KIGI」によるもの。2人は坂元裕二の脚本を読み、撮影現場を見学するなど映画の制作段階から参加し、渡邉がイラストを仕上げ、植原がディレクションを担当した。KIGIが映画のポスターを手掛けるのは今作が初のこと。

またフライヤーの裏面には「この花ってよく見るけど、何て花?」「女の子に花の名前を教わると、男の子はその花を見るたびに一生その子のこと思い出しちゃうんだって」というテキストがデザイン。ポスターおよびフライヤーは7月30日から一部劇場を除く全国の劇場で展開される予定だ。

『花束みたいな恋をした』「超ティザービジュアル」 ©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
『花束みたいな恋をした』「超ティザービジュアル」 ©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会