菅田将暉×有村架純『花束みたいな恋をした』KIGIによる「超ティザー」公開

映画『花束みたいな恋をした』の「超ティザービジュアル」が公開された。

同作は、ドラマ『東京ラブストーリー』『Mother』『最高の離婚』『Woman』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『カルテット』『anone』などを手掛けた脚本家の坂元裕二が書き下ろした恋愛映画。「2020年の東京」を舞台に、東京・明大前駅で終電を逃したことから偶然出会った男女による5年間の恋の行方を描く。菅田将暉と有村架純のダブル主演。監督は『罪の声』の公開を控える土井裕泰が務めた。今冬公開予定。

「超ティザービジュアル」は、植原亮輔と渡邉良重が2012年に共同で設立したクリエイティブユニット「KIGI」によるもの。2人は坂元裕二の脚本を読み、撮影現場を見学するなど映画の制作段階から参加し、渡邉がイラストを仕上げ、植原がディレクションを担当した。KIGIが映画のポスターを手掛けるのは今作が初のこと。

またフライヤーの裏面には「この花ってよく見るけど、何て花?」「女の子に花の名前を教わると、男の子はその花を見るたびに一生その子のこと思い出しちゃうんだって」というテキストがデザイン。ポスターおよびフライヤーは7月30日から一部劇場を除く全国の劇場で展開される予定だ。

作品情報

『花束みたいな恋をした』

2020年冬全国公開
監督:土井裕泰 脚本:坂元裕二 出演: 菅田将暉 有村架純 配給:東京テアトル、リトルモア
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 菅田将暉×有村架純『花束みたいな恋をした』KIGIによる「超ティザー」公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて