ニュース

松本穂香が挑む新コメディー番組『ん』NHKで放送 日常の違和感に注目

『ん』
『ん』

コメディー番組『ん』が8月12日にNHK総合で放送される。

ショートドラマとトークで構成される『ん』は、家族や友達、職場でのやりとり、ニュースなどに「ん」と覚える些細な些細な違和感をストーリー仕立てにした番組。松本穂香演じるウェブ編集プロダクション勤務の「ん子」が上司や同僚と「ん」な場面に遭遇する様が描かれるほか、ドラマを振り返って出演者たちが「こんなリアクションで返せばよかったのでは?」「こういう言い方する人が実は私の周りでも……」といったトークを展開する。共演者には川島明(麒麟)、岩井勇気(ハライチ)、黒羽麻璃央、松田るか、池岡亮介、岩倉美里(蛙亭)らが名を連ねる。

松本穂香のコメント

私自身、日頃から「ん」と思うことが多いタイプですけど、そこに焦点を当てた番組は見たことがないなと思ったので、この企画をいただいた時はおもしろそうだなと思いました。トーク収録では私以外のみなさんも序盤からどんどんお話が出てきていたので、思っていた以上に「ん」が溜まってるんだなと思いました(笑)
「ん」な人に対して「あ、そういう人もいるんだ!おもしろいな」と思えるのは芸人さんに多いのかなと、トーク収録で岩井さんのお話を聞いて感じました。入り口は「ん」でも、それを「おもしろいな」に変換できて笑いに変えられたらハッピーですよね。この番組をご覧になった人からも「ん」を募集したいです。『あなたは何に「ん」を感じますか』と。私もまた「ん」が溜まった頃にご連絡します(笑)

『ん』
『ん』
『ん』
『ん』
『ん』
『ん』
『ん』
『ん』
画像を拡大する(23枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会