大泉洋主演、福田雄一監督『新解釈・三國志』に岩田剛典、渡辺直美が出演

福田雄一監督の新作映画『新解釈・三國志』の追加キャストが発表された。

12月11日から全国東宝系で公開される同作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡る史実をまとめた書物『三国志』を、「福田流の新解釈」で実写映画化するもの。主人公となる蜀の武将・劉備玄徳役を大泉洋、蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明役をムロツヨシ、仁義に生きる豪傑・関羽役を橋本さとし、怪力の猛将・張飛役を高橋努が演じる。

新たに発表されたのは「チーム舞」として出演する岩田剛典、渡辺直美。岩田剛典は忠義の若武者・趙雲役、渡辺直美は絶世の舞姫・貂蝉役を演じる。今回の発表とあわせて2人からのコメント、メイキング映像が到着。

岩田剛典のコメント

この度、福田監督作品に初参加させて頂きとても光栄に思います。
とにかく笑いの絶えない、楽しく刺激的な現場でした!
特に渡辺直美さんとのシーンでは笑いを堪えるのが大変すぎてみなさん、もはや堪えるのを諦めていました。僕が演じさせて頂いた新解釈な趙雲は「鼻につく自称イケメン将軍」ということで自分の中でも新しい世界だったのですが、変な汗をかきつつ色々なことをやっていたら、気付いたらオールアップしていました。公開を楽しみにしていてください!

渡辺直美のコメント

お話をいただいた時、何故か貂蝉と張飛を読み間違えて、台本の最初の数ページ、張飛のセリフ覚えてました。「うわ、屈強な男役どうしよう…」と震えてたら違いました(笑)
二人の男が絶世の美女を奪い合うんですが、まさかのその絶世の美女役でした(笑)

貂蝉のあるシーンで福田監督が、「ここのシーンはフリーでやっちゃっていいよ!」と言ってくださったんですが、中々カットが掛からず、テンパって後半意味不明な言動をした事を覚えています。
それを福田監督が笑いながらOKをした時に、何故か興奮しました(笑)

明るくて爆笑の現場、福田組にまた参加出来て嬉しかったです!

作品情報

『新解釈・三國志』

2020年12月11日(金)から全国東宝系で公開
脚本・監督:福田雄一 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大泉洋主演、福田雄一監督『新解釈・三國志』に岩田剛典、渡辺直美が出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて