ニュース

福士蒼汰主演ドラマ『DIVER』に片瀬那奈、浜野謙太、正名僕蔵、中山義紘

『DIVER-特殊潜入班-』
『DIVER-特殊潜入班-』

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』の新キャストが発表された。

9月22日からカンテレ、フジテレビ系で放送される『DIVER-特殊潜入班-』は、大沢俊太郎が『グランドジャンプ』で連載していた同名漫画をもとにした作品。急増する犯罪組織に対抗するために兵庫県警に秘密裏に設けられ、悪の組織に潜入する「DIVER」で構成される潜入捜査チーム「D班」の「最強の潜入官」黒沢兵悟が、自身の正義で悪を駆逐する様を描く。犯罪者逮捕のためには仲間をも騙す黒沢兵悟役に福士蒼汰、黒沢のライバル的存在である佐根村将役に野村周平、「D班」班長・伊達直哉役に安藤政信、「D班」を背後で操る兵庫県警本部長・阿久津洋子役にりょうがキャスティング。

新たに出演が発表されたのは、片瀬那奈、浜野謙太、正名僕蔵、中山義紘(Patch)。片瀬那奈は「D班」のメンバーで闇医者の皆本麗子役、浜野謙太は同じく「D班」に所属し、ハッキングを得意とする宮永壮一役、正名僕蔵は組織犯罪対策課課長・鏡光一役、中山義紘は組織犯罪対策課の刑事・大山崇役を演じる。

傷を縫うシーンなどにも挑んだ片瀬は、自身の役について「D班は、命の危険と隣り合わせの捜査ばかりなので、D班の医者としての役割として、負傷したときの治療はもちろん、心のケアもするようなチームのお母さんでいようと心がけています」「縫合の所作が難しくて何度も練習しました。先生にもとても熱心に教えていただいて、本番もしっかりできましたし、今では手が覚えています」とコメント。初共演となる福士については「イメージどおり、とっても笑顔の素敵な方ですが、芝居になると、兵悟の役柄もあってガラっと変わってダークな男に。そのギャップが素晴らしいです」と語っている。

サイバーテクニックを駆使して事件解決の糸口を掴む宮永壮一役について、浜野は「兵悟とはノリも育ちも性格も違いますが、ポリシーや自負を超えた、ただただ集中した地点=“ゾーン”で一緒になれる仲間だと思います。一部、D班のメンバーと結託するところはあったとしても、それ以外のノリが合わない、どこかウザい感じが出たらなと思っています」「関西のリアルに忠実になりつつ、クオリティの高いものを作ろうとしている現場スタッフの焼けるような熱意を感じています。おかげでキャストたちも充実感の中で大いに楽しんでやっていると思います」と話した。

阿久津洋子に媚を売り、伊達直哉に強気に振る舞う鏡光一というキャラクターについて、正名は「今回のドラマでは、私が一番ガチャガチャした役かもしれないですね。手のひら返しをする中間管理職のズルさ、そうせざるを得ない悲哀みたいなものを面白がっていただければと思います」と述べている。

民放の全国ネット連続ドラマ初レギュラー出演となる中山は、「火9ドラマに出演できることが本当にうれしいです!安藤さんも正名さんも、すごく熱のある方々ばかりで、刺激を受けています」とコメント。正名について「僕は大人計画の大ファンで、役者になりたいと思うようになったきっかけでもあるので、正名さんとご一緒できるということがとてもありがたいです。休憩時間にも、『あの舞台の時、どうだったんですか?』と、舞台の裏側を教えてもらったりしています」と話した。また、正名に関西弁を教えていることを明かし、「鏡のセリフは強めの関西弁なので、『なんでやねん』のイントネーションなどアドバイスをさせていただたいています」とアドバイスを送ったとのこと。正名は「中山くんが大人計画を見てこの道に、というのは本当にうれしい話ですね。一緒に芝居をしながら、相手の方言をチェックするというのは相当面倒なことだと思いますが、それを引き受けてくれてとても感謝しています。お互いにとってお互いが先生のような関係です」と語っている。

視聴者へのメッセージとして片瀬は「全5話すべてが見どころです!アクション、だまし合い、仲間、正義か悪か…1話ずつにドキドキハラハラが濃厚につまった『DIVER』にご期待ください!」、浜野は「ヒーローがもはや歯の浮くような正義感でしか成立しなくなっている昨今、一見すると闇に落ちているような主人公・兵悟が見ているものは何なのか、宮永も気になるし、感情移入したり、突き放されたりする皆さんはきっとズブズブ引き込まれるはずです!」、正名は「私たち組織犯罪対策課はD班のことを全く知らずに動いているんですが、ドラマとしては裏の筋を担っているかなと思うので、その部分も見ていただけると幸いでございます」、中山は「緊迫感のあるシーンが多いドラマですが、そんな中でも個性の強い鏡課長と、それをちょっと小馬鹿にする部下とのやりとりで、ちょっとした息抜きになれたらいいなと思います」と語った。

さらに『DIVER-特殊潜入班-』のオフィシャルサイトがバージョンアップされたほか、30秒の新映像が公開された。

『DIVER-特殊潜入班-』
『DIVER-特殊潜入班-』
『DIVER-特殊潜入班-』
『DIVER-特殊潜入班-』
『DIVER-特殊潜入班-』
『DIVER-特殊潜入班-』
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る