芦田愛菜『星の子』に岡田将生、大友康平、高良健吾、黒木華ら 予告編も

映画『星の子』の追加キャストが発表された。

10月9日から公開されることが決まった『星の子』は今村夏子の同名小説をもとにした作品。両親から深い愛情を受けて育てられ、思春期を迎えて成長していく中学3年生のちひろが、ちひろの病気を奇跡的に治した「あやしい宗教」を信じる両親と暮らす自分の世界を疑い始める姿を描く。主人公のちひろ役に芦田愛菜、父役に永瀬正敏、母役に原田知世がキャスティング。監督、脚本は大森立嗣。

新たに出演が発表されたのは、岡田将生、大友康平、高良健吾、黒木華、蒔田彩珠、新音。

岡田将生はちひろが一目惚れする南先生役、大友康平はちひろの両親の目を覚ませるために、ある事件を企てる雄三おじさん役、高良健吾と黒木華は宗教団体の幹部コンビである海路さん役と昇子さん役、蒔田彩珠はちひろの姉・まーちゃん役、新音はちひろの親友・なべちゃん役を演じる。

今回の発表とあわせて公開された予告編には、なべちゃんが「偽物なんじゃない?」と水の真偽を指摘する場面や、全身緑のジャージで頭にタオルを乗せて水を掛け合う両親の姿を南先生が目撃するシーンに加えて、昇子さん、海路さん、雄三おじさん、まーちゃんの姿などが映し出されている。

作品情報

『星の子』

2020年10月9日(金)から全国公開
監督・脚本:大森立嗣 原作:今村夏子『星の子』(朝日文庫、朝日新聞出版) 出演: 芦田愛菜 岡田将生 大友康平 高良健吾 黒木華 蒔田彩珠 新音 永瀬正敏 原田知世 配給:東京テアトル、ヨアケ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 芦田愛菜『星の子』に岡田将生、大友康平、高良健吾、黒木華ら 予告編も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて