仲野太賀と若葉竜也が歌う 石井裕也監督『生きちゃった』第2弾特報公開

石井裕也監督の映画『生きちゃった』の第2弾特報映像が公開された。

10月3日から公開される同作は、石井裕也監督のオリジナル脚本作品。5歳の娘を持ち、平凡な生活を送る主人公・山田厚久が、妻・奈津美が見知らぬ男と情事に耽っていたのを目撃したことをきっかけに、厚久と奈津美、厚久の幼なじみ・武田の関係が歪み、予期せぬ展開に向かっていく様を描く。厚久役に仲野太賀、奈津美役に大島優子、武田役に若葉竜也がキャスティング。10月以降に『All the Things We Never Said』という英題で世界各国の劇場で公開予定だ。

『特報 夏の花ver.』と題された特報映像には、『生きちゃった』の主題歌“夏の花”を歌う厚久と武田の過去の姿をはじめ、目を潤ませる厚久と武田が見つめ合う様子、「これは、一人の女のために二人の男が作った歌」というテロップ、奈津美が様々な表情を浮かべるシーンなどが映し出されている。奈津美を思って厚久と武田が制作したという設定の“夏の花”は、同作の音楽を手掛けている河野丈洋が作詞、作曲を担当。

作品情報

『生きちゃった』

2020年10月3日(土)からユーロスペースほか全国で公開
監督・脚本:石井裕也 音楽:河野丈洋 出演: 仲野太賀 大島優子  パク・ジョンボム 毎熊克哉 太田結乃 柳生みゆ レ・ロマネスク 芹澤興人 北村有起哉 原日出子 鶴見辰吾 伊佐山ひろ子 嶋田久作 若葉竜也  配給:フィルムランド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 仲野太賀と若葉竜也が歌う 石井裕也監督『生きちゃった』第2弾特報公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて