映画『銀魂 THE FINAL』、空知英秋による描き下ろしビジュアルが公開

映画『銀魂 THE FINAL』の描き下ろしビジュアルが公開された。

昨年6月に最終回を迎えた漫画『銀魂』。監督と脚本はテレビアニメ版第3期から監督を務めていた宮脇千鶴、監修は『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』でメガホンを取った藤田陽一。原作のラストをベースにした制作が進んでいるとのこと。公開日は2021年1月8日。

原作者・空知英秋の全面協力のもと、劇場版アニメ『銀魂』では初となる描き下ろしビジュアルを制作。銀さん、新八、神楽、定春、近藤、土方、沖田、桂、高杉、妙、お登勢、キャサリン、たま、九兵衛、神威、星海坊主ら総勢34人のキャラクターの姿が描かれているほか、「バイバイ、銀さん。」というコピーが確認できる。

同ビジュアルは8月22日から上映予定の劇場で順次掲出予定。同時配布されるチラシの裏面には過去の場面写真と、これまでの謝罪の歴史の振り返りが掲載されているとのこと。

「週刊少年ジャンプ」大西恒平メディア担当編集長のコメント

ONE PIECE担当して、編集長にまでなって、出世コース邁進してウハウハだったんですが、なんの因果かこのタイミングで、また最悪の戦場に戻ってきてしまいました...。責任とりたくないよ、恐いよ...。
最近の空知先生は、連載してないし、コロナだしで、やること無いから、筋トレして、禁煙して、規則正しい生活を送って、無駄に長生きしようとしてます。

作品情報

『銀魂 THE FINAL』

2021年1月8日(金)から公開 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『銀魂 THE FINAL』、空知英秋による描き下ろしビジュアルが公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて