大橋裕之の原画展『幻の夏』が名古屋で開催 夏目知幸、小田島等とトークも

大橋裕之の原画展『幻の夏』が8月28日から愛知・名古屋の長者町コットンビルで開催される。

『音楽』のアニメ映画化、『ゾッキ』の実写映画化など自身の漫画の映画化が続く漫画家の大橋裕之。出身地である愛知で開催される同展は、最新刊『ニューオリンピック』、文庫版『夏の手』のダブル発売記念企画となる。

「SPECIAL EVENT DAY」として、9月6日には大橋裕之、小田島等、夏目知幸(ex.シャムキャッツ)が在廊。12:00からは『大橋裕之の似顔絵屋さん』と題したイベントを20組限定で実施する。15:30からは40組限定のトークイベント『小田島等×夏目知幸×大橋裕之スペシャルトークライブ』を展開。参加にはPeatixからの予約が必要となる。クリームソーダ、珈琲を販売するシヤチル、フィリピン料理を販売するLittleManillaも出店する。

イベント情報

大橋裕之
『幻の夏』

2020年8月28日(金)〜9月13日(日) 会場:愛知県 名古屋 長者町コットンビル 時間:15:00〜20:00 定休日:月曜
  • HOME
  • Book
  • 大橋裕之の原画展『幻の夏』が名古屋で開催 夏目知幸、小田島等とトークも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて