ニュース

永瀬廉主演の映画『弱虫ペダル』原作コラボ映像が公開 コメントも

渡辺航と永瀬廉 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
渡辺航と永瀬廉 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

実写映画『弱虫ペダル』の原作コラボレーション映像が公開された。

現在公開中の同作は、アニメ、舞台、小説、ドラマなど様々なメディアミックスが展開されている渡辺航の漫画『弱虫ペダル』をもとにした作品。運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・小野田坂道が、自転車競技部への入部をきっかけに自転車選手としての才能を発揮させ、初めてできた仲間と共にレースで走る喜びを見出していく姿を描く。主人公・小野田坂道役に永瀬廉(King & Prince)、坂道のライバル今泉俊輔役に伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー寒咲幹役に橋本環奈がキャスティング。

公開されたのは、原作と本編映像をリンクさせた原作コラボレーション映像。今泉が坂道に勝負を持ち掛けるシーンや、坂道が初めてロードレーサーを手にするシーン、「誰よりも早く、山の頂上に辿り着け!」と鳴子に背を押される場面、裏門坂で今泉の背中を追いかけようとする坂道の姿などが確認できる。

渡辺航をはじめ、アニメ版で声優を務める山下大輝、鳥海浩輔、福島潤、諏訪彩花からコメントが寄せられている。

渡辺航のコメント

映画見させて頂きました!
迫力の全編フルロケーション!
CGとは違う、キャストの皆さん、そしてスタッフさんたちの本気映像!
本物の汗、美しい背景も見どころですよ!

山下大輝のコメント

もうすっごい楽しかったです!
ワンシーンワンシーン、とても丁寧につくられているところに感動しましたし、
アフレコしていた頃を思い出しながらニヤニヤしながら観ていました!!
今泉くんや鳴子くん、総北高校自転車競技部の皆さんの走っている姿に「弱虫ペダル」を感じました。
そして僕もまた走り出したくて、ウズウズしてしまいました!実写とアニメ、協調して一緒に盛り上げていきましょう!!
弱虫ペダルという道を一緒に走りましょう!!

鳥海浩輔のコメント

この度の実写映画化、作品に携わる者として、いちファンとして、とても楽しみにしていました。
実際に拝見させていただいて、私の想像を遥かに超えたモノがそこにありました。
総北メンバーがそこにいました。撮影に臨むにあたり、我々が想像出来ないほどの準備があったのだろうと、レースのシーンを見て感動しました。是非、多くの方に見ていただきたい作品です。
アニメの収録が始まった2013年当時を思い出しながら、非常に濃密な約120分を楽しませていただき、本当にありがとうございました!

福島潤のコメント

マンガやアニメから飛び出してきたかのようなロケーションに先ず目を奪われました。
加えて、キャストの方々の熱量、本気の台詞、本物の走りに感動!
最後は手に汗かきながら握りこぶしで応援しちゃいました。
総北魂を感じる素晴らしい「弱虫ペダル」です。
これを観たら、すごく自転車に乗りたくなっちゃいますよ!

諏訪彩花のコメント

この場面は!あの場面は!と数々の名シーンがドラマチックに描かれていて、
当時の思い出が蘇ると共に、小野田くんたちの青春の始まりに胸が熱くなりました...。
キャラクターの個性や雰囲気も皆さんそれぞれに体現されていてとても感動しました!
橋本環奈さんの演じる幹はとても爽やかで、まさに素敵なヒロインそのものでときめきがとまらなかったです...!
『弱虫ペダル』だからこそ感じられる、胸の高鳴りや仲間との絆が、沢山詰まっていてずっと心を揺さぶられていました。
映画ならではの景色の美しさや迫力も素晴らしかったです!

渡辺航と伊藤健太郎 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
渡辺航と伊藤健太郎 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
渡辺航と橋本環奈 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
渡辺航と橋本環奈 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」