ニュース

稲垣吾郎がアンバサダー NHKベートーヴェン生誕250年プロジェクトスタート

「ベートーベン250」プロジェクトビジュアル
「ベートーベン250」プロジェクトビジュアル

『ベートーベン250 開幕特番「今こそベートーベン!」』が9月18日、『クラシック音楽館 ベートーベン250 特集 第1回 人間・ベートーベン』が9月20日にNHK Eテレで放送される。

NHKはベートーヴェンの生誕250年を記念して「ベートーベン250」プロジェクトをスタート。年末までベートーヴェンの名曲や人生を様々な形で放送する。アンバサダーは、12月13日から東京・TBS赤坂ACTシアターで再々演される舞台『No.9-不滅の旋律-』でベートーヴェン役を演じる稲垣吾郎。

『ベートーベン250 開幕特番「今こそベートーベン!」』には、稲垣吾郎と、昨年に自らの指揮でベートーヴェンの全交響曲を演奏・録音した久石譲が出演。「現代のポップスにもつながるヒットの方程式とは」「イヤなヤツだけど憎めない素顔」「いま学びたいこと」などベートーヴェンの魅力を語る。番組内で視聴者参加型の企画も発表。

『クラシック音楽館 ベートーベン250 特集 第1回 人間・ベートーベン』では、稲垣吾郎、指揮者の広上淳一、柴崎友香が「人間・ベートーベン」の核心に迫る。10月以降も稲垣吾郎出演番組を放送予定。

なお、本日9月2日の京都市交響楽団公演を皮切りに、ベートーヴェンが遺した交響曲や劇音楽を全国各地のオーケストラが演奏する公開イベント『オーケストラでつなぐ 希望のシンフォニー』を開催。演奏の模様は後日、番組でも紹介される予定だ。

稲垣吾郎のコメント

アンバサダーという大役を任せていただき、これこそ運命だなと思います。舞台でベートーベンを演じるようになってから、その存在をより強く意識するようになりました。最初は、音楽室の肖像画や「運命」の激しい音楽など、自分よりももっとはるかに高い所にいて、激しさや怖さといったイメージが強く、ちょっと受け止めきれないと感じる部分もありました。でも今回、いろんな番組でベートーベンを知って紐(ひも)解いていくと、曲のここにこういう仕掛けがあったんだなと発見することができ、今ではとても親しみを持てるようになりました。また音楽だけでなく、いろんな苦悩を乗り越えて音楽を突き詰めていくベートーベンの人生、生き方、人間性、その音楽が受け継がれているという歴史に触れることで、ベートーベンにもっと興味がわいてきました。僕はクラシックの音楽に特別詳しいわけではないのですが、僕なりの目線で、視聴者のみなさんに寄り添いながら、ベートーベンをよりわかりやすく紐解いて深堀りしていき、少しでも魅力を伝え、より近くにベートーベンを感じていただけるようになるといいなと思っています。

『ベートーベン250 開幕特番「今こそベートーベン!」』
『ベートーベン250 開幕特番「今こそベートーベン!」』
『ベートーベン250 開幕特番「今こそベートーベン!」』
『ベートーベン250 開幕特番「今こそベートーベン!」』
『ベートーベン250 開幕特番「今こそベートーベン!」』
『ベートーベン250 開幕特番「今こそベートーベン!」』
『クラシック音楽館 ベートーベン250 特集 第1回 人間・ベートーベン』
『クラシック音楽館 ベートーベン250 特集 第1回 人間・ベートーベン』
『クラシック音楽館 ベートーベン250 特集 第1回 人間・ベートーベン』
『クラシック音楽館 ベートーベン250 特集 第1回 人間・ベートーベン』
『クラシック音楽館 ベートーベン250 特集 第1回 人間・ベートーベン』
『クラシック音楽館 ベートーベン250 特集 第1回 人間・ベートーベン』
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談