山田涼介と田中圭が『anan』表紙に登場 特集は「言葉のチカラ」

山田涼介と田中圭が表紙を飾る『anan2217号』が9月16日に刊行される。

同号では、SNSの発展やリモートワークの一般化などによってコミュニケーションの形が変化しつつある現在、重要性が高まる「言葉のチカラ」にフォーカス。

9月11日からTBS系で放送される『キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』で共演している山田涼介と田中圭は、表紙に加えてインタビューページに登場。お互いを「圭ちゃん」「涼ちゃん」と呼び合うという2人がスーツに身を包んで現場へ出動するシーンをイメージしたカットや、作戦会議をするように耳打ちする姿、特集にちなんで読書する様子やノートに文字を書く場面などが写し出されている。ノートに文字を書く撮影は田中が山田に向けてのメッセージを書く一幕もあったとのこと。ソロインタビューでは自身の「言葉」との関わり方、励まされた言葉、嬉しい褒め言葉、印象的だったセリフについて語っているほか、クロストークを収録している。

同号ではこのほか、辻村深月と朝井リョウの対談、上白石萌音と玉城ティナによる書籍紹介、YOASOBIの研究、安田章大(関ジャニ∞)の写真集『LIFE IS』の特集といった記事を収録。「CLOSE UP」にはTravis Japanの松田元太と松倉海斗、少年忍者のヴァサイェガ渉、川崎皇輝、北川拓実、織山尚大、黒田光輝が登場する。また、今年45周年を迎えたサンリオのマイメロディの歴代のビジュアルを振り返ったシールが付属する。

書籍情報

『anan2217号』

2020年9月16日(水)発売 価格:680円(税込) 発行:マガジンハウス
  • HOME
  • Book
  • 山田涼介と田中圭が『anan』表紙に登場 特集は「言葉のチカラ」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて