ニュース

KIRINJIの現編成ラストライブが12月に開催、ベストアルバムも発売

KIRINJIのライブイベント『KIRINJI LIVE 2020』が12月9日と10日に東京・渋谷のNHKホールで開催される。

2020年を以って堀込高樹(Vo, Gt)、楠均(Dr)、千ヶ崎学(Ba)、弓木英梨乃(Gt, Vo)による活動を終了し、2021年以降は堀込高樹を中心とした「変動的で緩やかな繋がりの音楽集団」となることを告知していたKIRINJI。現編成ラストライブとなる『KIRINJI LIVE 2020』は、政府および自治体が発表した新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインに沿って、マスクの着用や入場時の検温、消毒などの感染拡大防止の施策を講じた上で、収容人数50%以下の有観客ライブとして実施する。有料生配信も調整中とのこと。出演者にはKIRINJIに加えて、矢野博康、sugarbeans、MELRAWらが名を連ねる。

チケットはKIRINJIオリジナルマスクとプレゼントが付くS席とA席の2種類を用意。S席には別途プレゼントが付属する。S席のみのオフィシャルサイト先行予約は9月18日12:00から、A席は10月5日12:00から開始。一般販売は11月7日10:00からスタートする。

さらに、ベストアルバム『KIRINJI 20132020』を11月18日にリリースすることも発表。CDのみの通常盤、2枚組CDとBlu-rayで構成されるデラックス・エディションの2形態を展開する。両形態共通のCDには、『11』から『cherish』までの4枚のオリジナルアルバムからセレクトした16曲を年代順に収録。デラックス・エディションのCDには大貫妙子のカバー“黒のクレール”、宇多田ヒカルのカバー“Keep Tryin’”、坂本真綾のカバー“うちゅうひこうしのうた”、RHYMESTERの“Diamonds feat. KIRINJI”、Negiccoの“愛は光”などが収められる。Blu-rayには7月に配信された『KIRINJI Studio Live Movie 2020』を再編集した映像を収録。

KIRINJI『KIRINJI 20132020』収録内容

[CD1]
1. 進水式
2. 雲吞ガール
3. fugitive
4. だれかさんとだれかさんが
5. 真夏のサーガ
6. The Great Journey feat. RHYMESTER
7. Mr.BOOGIEMAN
8. 日々是観光
9. AIの逃避行 feat. Charisma.com
10. 時間がない
11. 悪夢を見るチーズ
12. silver girl
13. killer tune kills me feat. YonYon
14. Almond Eyes feat. 鎮座DOPENESS
15. 雑務
16. 「あの娘は誰?」とか言わせたい

[CD2]
1. 黒のクレール
2. Keep Tryin’
3. うちゅうひこうしのうた
4. Diamonds feat. KIRINJI / RHYMESTER
5. 愛は光 / Negicco
ほか
[Blu-ray]
『KIRINJI Studio Live Movie 2020』再編集映像
※CD2とBlu-rayはデラックス・エディションに収録

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開