ニュース

渋谷PARCOのアート企画『SHIBUYA PARCO ART WEEK』開催

『SHIBUYA PARCO ART WEEK』ビジュアル
『SHIBUYA PARCO ART WEEK』ビジュアル

渋谷PARCOのアート企画『SHIBUYA PARCO ART WEEK』が9月18日から開催される。

同企画では、渋谷PARCO館内の9つのギャラリーが展示を行なうほか、館内ショップでアートにまつわる展示や商品を展開。アーティスト、DJによるイベントや、対象のギャラリー、ショップで入場料オフなどの特典が受けられる「ART PASSPORT」企画も実施される。メインビジュアルは、ジェームス・ジャービスによる描き下ろし。

4FのPARCO MUSEUM TOKYOでは『SAIKO OTAKE EXHIBITION “GALAGALA”』『浅田撮影局』、B1FのGALLERY Xでは『Reality&Fantasy The World of Tom of Finland』、2Fの2Gでは『Transcendental Idealism』、8Fのほぼ日曜日では 『かつお(仁科勝介)写真展 1741のふるさと 帰省できなかったあなたのために。』、7FのM.I.U No.2では『VOILLD POP UP』、2FのOIL by 美術手帖では『AtoZ MUSEUM(R)』、1FのCOMINGSOONでは『みもっと先生の〈あたらしいタイ料理〉スイーツ編』刊行記念イベント、4FのMeets by NADiffでは『Tal R展』、4Fのデルフォニックスでは『Toshiyuki Fukuda 2020 Small Exhibition』を開催。

9月18日には9FのSUPER DOMMUNEで『AVYSS GAZE × SUPER DOMMUNE × Eastern Margins × CHINABOT』が行なわれる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開