女子美付属高校の卒展『私の舟出 〜卒業できない作品たち〜』が青山で開催

『女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019「私の舟出 ~卒業できない作品たち~」』が、9月26日から東京・AOYAMA STUDIO 164・239で開催される。

新型コロナウイルスの影響で中止となった同展は、今回、アート作品を分割保有できるブラットフォーム「STRAYM」を運営するSMADONAほか複数企業からの協力を得て実現。展覧会の最新情報は同展のInstagramで配信される。

会期中は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を行なった上で実施。来場者はマスク着用、会場での体温測定、手指の消毒などの協力が求められる。

『女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019』実行委員会委員長・南部梨央生のコメント

私たちは、女子美術大学付属高等学校という大きな舟に乗っていました。そして卒業とともに様々な個々の舟に乗り出し舵を切ろうとしていました。しかし、私たち女子美術大学付属高等学校2019年度卒業生はコロナ禍で卒業展を開催する事が出来ず作品だけが5ヶ月もの間、卒業出来ないまま残されていました。当然、私たちの気持ちも取り残されたままでした。このような状況は私たちだけじゃないことも理解しています。

この度、幸運にも、皆様のご協力、ご支援のお陰で、卒業出来なかった作品たちの卒業式ともなる卒業制作展を開催させていただく事が決まり、卒業生それぞれの「舟」で、私たちはようやく作品と共に高校を卒業し、新たなそれぞれの方向に「舟出」し、「舵」を切り始めていけるはずです。

最後に「卒業できていない作品」と「舵を切り始めた私たち」のご支援をいただければと思います。
現在、運営する上で必要な支援金を募集しています。

イベント情報

『女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019「私の舟出 〜卒業できない作品たち〜」』

2020年9月26日(土)〜10月4日(日) 会場:東京都 AOYAMA STUDIO 164・239 時間:10:00〜18:00
  • HOME
  • Art,Design
  • 女子美付属高校の卒展『私の舟出 〜卒業できない作品たち〜』が青山で開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて