King Gnuが柴咲コウ主演ドラマ『35歳の少女』主題歌“三文小説”書き下ろし

King Gnuが日本テレビ系ドラマ『35歳の少女』の主題歌を担当することがわかった。

10月10日から放送開始する『35歳の少女』は、不慮の事故により10歳で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた「35歳の少女」望美が、問題を抱える家族や愛する人たちを変え、現実に戸惑いながらも前を向いて生きる姿を描いた作品。望美役を柴咲コウが演じる。脚本は遊川和彦。

King Gnuが書き下ろした主題歌は“三文小説”。大平太プロデューサーが「このドラマのために、新曲を作って欲しい」とオファーし、タッグが実現したとのこと。楽曲はドラマの台本を読み込んだ常田大希(King Gnu)が、大平プロデューサー、遊川和彦を交えディスカッションを重ねて書き下ろしたという。初回オンエアで披露。

常田大希は楽曲について「2020年、我々King Gnuはアルバム“Ceremony”をリリースして以降、一曲たりとも新曲をリリースせずに、じっくりと自分達の生き方を見つめ直してきました。そんな中でこの”35歳の少女”という素敵な作品と巡り合いまた新たな一歩を踏み出す訳です。ご期待ください」とコメント。

今回の発表とあわせてドラマのポスタービジュアルが公開された。

番組情報

『35歳の少女』

2020年10月10日(土)から毎週土曜22:00〜日本テレビ系で放送
脚本:遊川和彦 主題歌:King Gnu“三文小説” 音楽:平井真美子 出演: 柴咲コウ 橋本愛 田中哲司 富田靖子 竜星涼 鈴木保奈美 ほか
  • HOME
  • Music
  • King Gnuが柴咲コウ主演ドラマ『35歳の少女』主題歌“三文小説”書き下ろし

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて