ニュース

河瀬直美監督『朝が来る』に土屋太鳳、齊藤工、永瀬正敏らがコメント

『朝が来る』 ©2020年「朝が来る」Film Partners
『朝が来る』 ©2020年「朝が来る」Film Partners

河瀬直美監督の新作映画『朝が来る』に寄せられた著名人コメントと新たな場面写真が公開された。

10月23日に公開される同作は、辻村深月の同名小説を映画化した作品。不妊治療の末、自分たちの子供を産めずに特別養子縁組という手段を選んだ夫婦と、中学生で妊娠し、断腸の思いで子供を手放すことになった母親の姿を描く。実の子を授かることができなかった栗原夫妻の妻・佐都子役を永作博美、その夫・清和役を井浦新、望まない妊娠をした少女・片倉ひかり役を蒔田彩珠が演じる。主題歌はC&Kの“アサトヒカリ”。

コメントを寄せたのは、土屋太鳳、齊藤工、永瀬正敏、長谷川京子、鈴木保奈美、ハイヒール・リンゴ、石井光太、内田也哉子、沖田×華、瀬奈じゅんと千田真司。

土屋太鳳のコメント

この物語はあなたであり私。心を抉る「何か」が愛情なのかは分からないけれど、これだけは伝えたい。観て。

齊藤工のコメント

この作品を思い返すだけで 心が疼いてしまう
この作品の余韻で 感情が溢れてしまう
映画が始まってすぐにわかった そこに“本当”が描かれていると
どうかアナタの心に、与えてあげてください

永瀬正敏のコメント

血の繋がりを持たない家族の固い絆と、親子の繋がりを失った母の葛藤…かけがえのない子供の存在を通して、様々な心の色が交錯し、その想いが観る側の心温度を果てしなく高めてくれる。

長谷川京子のコメント

どこで手を差し伸べる事が出来たら、彼女は救われたのだろう?
答えは最後に。
 

鈴木保奈美のコメント

ふたりが出会って、血を分ければ、家族になる。そんな簡単に?
だから彼と彼女は、ありったけの心を注いで家族を造った。
大丈夫、朝は来る。

ハイヒール・リンゴのコメント

私は15年間、不妊治療を続けました。
自分の子供を持つ、と言うたって「普通」の事が出来ないと言うのは辛い事です。
親とは何なのか? 子供とは?
養子が世間から特別視される日本の「家族」をもう一度考える、そんな映画です。

石井光太のコメント

産んで終わりじゃない。子供の将来のためには、育ての親と生みの親の両方が幸せになる必要があるんだ。

内田也哉子のコメント

「叶わぬ想い」を抱えて生き続けることの苦悩と、人はどんなに生きる道が違えど、せめて心が心に寄り添うことだけはできるという希望を見ました。

沖田×華のコメント

命は眩しいほど苦しくて悲しくて逃げられない。
その想いを受け止めた時、紛れもなくあなたは母親なのです。

瀬奈じゅん、千田真司のコメント

本作品を通して多くの方に特別養子縁組制度、そして新しい家族の形が広く認知されますように。

『朝が来る』 ©2020年「朝が来る」Film Partners
『朝が来る』 ©2020年「朝が来る」Film Partners
『朝が来る』 ©2020年「朝が来る」Film Partners
『朝が来る』 ©2020年「朝が来る」Film Partners
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側