又吉直樹が「空港」のために全編書き下ろしたアンソロジー『Perch』発売

又吉直樹の全編書き下ろしアンソロジー『Perch』が、9月26日から福岡・TSUTAYA BOOKSTORE福岡空港の店頭および東京・羽田空港 蔦屋書店のECサイトで部数限定販売される。

新型コロナウイルスの影響に伴う店舗休業のため販売が延期されていた『Perch』。今回の販売はTSUTAYA BOOKSTORE福岡空港の移転リニューアルオープンにあわせて実施される。同書は空港という場所のために制作された作品で、又吉直樹による短編、エッセイ、連作掌編、自由律俳句などを全128ページにわたって収録。表紙のカラーは5パターンで、それぞれに特製のしおりが付属する。ブックデザインは佐藤亜沙美、イラストは柳智之、編集は九龍ジョー、企画・制作は木村綾子が担当。

羽田空港 蔦屋書店の店頭には、『Perch』とあわせて製作されたダイヤル式の日付印が入ったオリジナルスタンプを設置。空港を訪れたその日の日付を好きなページに押印することができる。刊行を記念して、又吉直樹のインタビューと、スタッフの佐藤亜沙美、九龍ジョー、木村綾子が加わった座談会の模様を文春オンラインで公開。

書籍情報

『Perch』

2020年9月26日(日)発売
著者:又吉直樹 イラスト:柳智之 価格:1,000円(税込) 発行:羽田空港 蔦屋書店
  • HOME
  • Book
  • 又吉直樹が「空港」のために全編書き下ろしたアンソロジー『Perch』発売

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて