山本精一、4年ぶり「うた」のアルバム『selfy』11月にリリース

山本精一のニューアルバム『selfy』が11月18日にリリースされる。

『selfy』は、山本精一にとって、前作『童謡』から約4年ぶりとなる「うた」のアルバム。ドラムにsenoo ricky(Dr)、キーボード、シンセサイザーに西滝太、IEGUTI、坂口光央が参加したほか、1曲のみリズムトラックの制作をSatoshi Yoshiokaが担当している。全8曲を収録予定。

さらに同日11月18日には、『PLAYGROUND』の10周年記念としてアナログ盤がリリース。リマスタリングは中村宗一郎(PEACE MUSIC)、カッティングは武沢茂(日本コロムビア)が手掛けた。

リリース情報

山本精一
『selfy』(CD)

2020年11月18日(水)発売 価格:2,600円(税抜) PCD-26080
リリース情報

山本精一
『PLAYGROUND』(LP)

2020年11月18日(水)発売 価格:3,500円(税抜) PLP-7113
[SIDE-A] 1. Days 2. 待ち合わせ 3. PLAYGROUND 4. 飛ぶひと [SIDE-B] 1. 宝石の海 2. めざめのバラッド 3. 日蝕 4. 水 5. ふたつの木のうた
  • HOME
  • Music
  • 山本精一、4年ぶり「うた」のアルバム『selfy』11月にリリース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて