稲垣吾郎が二階堂ふみに堕ちていく 手塚治虫原作『ばるぼら』予告編公開

手塚眞監督の映画『ばるぼら』の予告編が公開された。

手塚治虫生誕90周年を記念して制作された同作は、手塚治虫が1970年代に『ビッグコミック』に連載していた漫画『ばるぼら』をもとにした作品。新宿駅の片隅で出会った少女ばるぼらを自宅に連れ帰った小説家の美倉洋介は、彼女を手元に置いておくことで創造意欲が湧くようになるが、次第にエロティックで異常な幻覚に悩まされ始めるというあらすじだ。小説家の美倉洋介役に稲垣吾郎、芸術家のミューズで自堕落な生活を送るばるぼら役に二階堂ふみがキャスティング。11月20日から公開される。

予告編では、ばるぼらが酒瓶と共に横たわる場面をはじめ、ばるぼらと美倉の「俺、先生の本読んだよ」「どう思った?」「どうってことないよ、綺麗すぎるもん」という会話や2人のキスシーン、石橋静河演じる秘書の加奈子、渋川清彦演じる四谷、渡辺えり演じるムネーモシュネーらの姿、美倉が刃物を手にする様子、「あれは、幻だったのだろうか――」というコピーなどが確認できる。

ムビチケ前売券は10月9日から販売。特典として非売品ポストカードがプレゼントされる。

作品情報

『ばるぼら』

2020年11月20(金)からシネマート新宿、ユーロスペースほか全国で公開
監督:手塚眞 原作:手塚治虫 出演: 稲垣吾郎 二階堂ふみ 渋川清彦 石橋静河 美波 大谷亮介 ISSAY 片山萌美 渡辺えり 上映時間:100分 配給:イオンエンターテイメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 稲垣吾郎が二階堂ふみに堕ちていく 手塚治虫原作『ばるぼら』予告編公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて