『ケトル』で「クリストファー・ノーランが大好き!」特集 TENET解説も

特集記事「クリストファー・ノーランが大好き!」が、10月15日刊行の『ケトル VOL.56』に掲載される。

同特集では、現在公開中のクリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』の舞台裏や見所を始め、過去作のおさらい、監督こだわりの「モノ」「キーワード」「ストーリー」をなど解説。原田眞人のロングインタビューに加えて、前島秀国「現実と虚構の狭間で鳴り響くハンス・ジマーの旋律の世界」、松崎健夫「1回では分からなかった人に捧げる『TENET』の見方」、名越康文「真実に近づくというタブーを破ろうとするノーラン」、佐藤大「シンプルだけど複雑なノーランのストーリー構成」といった記事が収録されている。表紙には岡田成生が水彩で描いたノーラン監督作品の主要人物が登場。

同号の「正田真弘写真劇場」には、ぼんちおさむが出演。「AWESOME!! ~PICK UP GOOD VIBRATIONS~」には武田砂鉄、磯部涼、佐々木敦、枝優花、椹木野衣、長谷川裕、橋爪大三郎が名を連ねる。

書籍情報

『ケトル VOL.56』

2020年10月15日(木)発売 価格:1,000円(税抜) 発行:太田出版
  • HOME
  • Book
  • 『ケトル』で「クリストファー・ノーランが大好き!」特集 TENET解説も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて