田中俊介が豹変、宇野祥平が女装 白石晃士監督『恋するけだもの』場面写真

白石晃士監督の映画『恋するけだもの』の場面写真が公開された。

『不能犯』『貞子vs伽椰子』などで知られる白石晃士監督。自身が監督した約18分の短編作品『恋のクレイジーロード』をリブートする長編作品『恋するけだもの』の舞台は、「女装男が男に声をかけ、交際を断ると殺す」という都市伝説が残る田舎町となる。過去を隠して工務店でアルバイトする宙也を中心に、女装男が現れたことから始まる恋のさや当てと殺し合いが、やがて阿鼻叫喚の地獄絵図へと発展していく様を描く。主人公の宙也役を田中俊介、女装男の江野祥平役に宇野祥平が演じる。公開日は11月21日。

場面写真には、豹変した宙也のシーンや、女装した江野祥平の姿などが写し出されている。

作品情報

『恋するけだもの』

2020年11月21日(土)から全国で順次公開
監督・脚本:白石晃士 出演: 田中俊介 宇野祥平 上のしおり 木村知貴 細川佳央 大迫茂生 久保山智夏 金子鈴幸 配給:白石晃士と坪井篤史の映画狂人ロード
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 田中俊介が豹変、宇野祥平が女装 白石晃士監督『恋するけだもの』場面写真

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて