10年代の東京インディーズシーン語るトーク配信 夏目知幸、石原正晴ら出演

ライブナタリー主催のオンライントークイベント『2010年代の東京インディーズシーン~ライブハウスが持つ“偶然の可能性”~』が10月28日20:00から配信される。

音楽ナタリーでは、アーティスト、イベント、ライブハウスなどの様々な観点から、2010年代の東京インディーズシーンの「現場」で何が起きていたかを検証するコラムの連載を8月からスタート。同イベントではコラムをもとに、アーティストの生の声を聞きながらシーンを紐解いていく。

第1回となる今回は、東京・秋葉原のCLUB GOODMANと新宿のMotionを中心としたオルタナティブシーンの関係者である石原正晴(SuiseiNoboAz)、カシマエスヒロ(CLUB GOODMAN、bossston cruizing mania)、かわむら(THIS IS JAPAN、ポップしなないで)、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、夏目知幸(ex.シャムキャッツ)、花房真也(Far France、YAR)らが登場。トークやライブ映像などを用いて当時のシーンの隆盛を辿る。MCは張江浩司(ハリエンタル)が担当。

視聴チケットの販売とアーカイブ配信は11月10日18:00まで実施される。

番組情報

『ライブナタリーオンライントーク「2010年代の東京インディーズシーン〜ライブハウスが持つ“偶然の可能性”〜」』

2020年10月28日(水) 20:00〜22:00生配信予定
出演者: 石原正晴(SuiseiNoboAz) カシマエスヒロ(CLUB GOODMAN、bossston cruizing mania) かわむら(THIS IS JAPAN、ポップしなないで) タカハシヒョウリ(オワリカラ) 夏目知幸(ex.シャムキャッツ) 花房真也(Far France、YAR) MC:張江浩司(ハリエンタル) 料金:1,000円
  • HOME
  • Music
  • 10年代の東京インディーズシーン語るトーク配信 夏目知幸、石原正晴ら出演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて