ニュース

福田雄一監督『新解釈・三國志』長野剛による描き下ろし両A面ポスター公開

『新解釈・三國志』ポスタービジュアル ©2020「新解釈・三國志」製作委員会
『新解釈・三國志』ポスタービジュアル ©2020「新解釈・三國志」製作委員会

福田雄一監督の新作映画『新解釈・三國志』のポスタービジュアルが公開された。

12月11日に全国公開される同作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡る史実をまとめた書物『三国志』を「福田流の新解釈」で実写映画化するもの。主人公となる蜀の武将・劉備玄徳役を大泉洋、蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明役をムロツヨシ、仁義に生きる豪傑・関羽役を橋本さとし、怪力の猛将・張飛役を高橋努が演じる。歴史学者・蘇我宗光役の西田敏行が語り部として出演。主題歌は福山雅治の“革命”となる。

イラストレーター・長野剛の描き下ろしによる両A面のポスタービジュアルには、剣を抜く劉備を中心に孔明、小栗旬演じる魏の曹操、賀来賢人演じる呉の周瑜らを配置。油絵具を使用し、およそ24日間で制作されたという。背景には魏、呉、蜀のイメージカラーである青、緑、赤の3色を使用。

長野剛のコメント

僕はずっと「歴史モノ」や「三國志」の画を描いてきたのですが、まさか今回『新解釈・三國志』のオファーをいただいて「三國志の映画」を描かせていただける機会に巡り合うとは‥‥本当に驚きました。
イラストレーションの世界に入ったのは人物画が得意だったからなのですが、人物画のイラストで一番華があるのは多くの方の目に触れる映画のポスターだと思っています。
ずっと「映画のポスターを描いてみたい」と思っていましたので「三國志で、かつ映画のポスター」を描かせていただく、という事に二重の喜びを感じています。
イラストを描く中でも特に難しかったのはムロツヨシさんです。
ムロさんは元々お顔がハッキリされていているのですが役柄で微妙にイメージが変わります。
ムロさんらしさをきちんと表現できるように気を付けて描きました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」