般若の記録映画『その男、東京につき』12月公開 Zeebra、R-指定らが出演

般若のドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12月25日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

般若にとって初の長編ドキュメンタリー映画となる同作では、いじめ、音楽との出会いとジレンマなど自殺をも考えた壮絶な過去をはじめ、東京・九段下の日本武道館ワンマンライブ、父への想い、新型コロナウイルス感染拡大の状況下での今後の想いを語っている。出演者には般若に加えて、Zeebra、t-Ace、R-指定(Creepy Nuts)、T-Pablow、Gami、BAKU、松井昭憲らが名を連ねる。監督は岡島龍介。

発表とあわせて特報映像、メインカットが公開。特報映像には、般若がステージで「かっこいいことじゃねえ、面白いことが好きなんだよ、ありがとう」と涙ぐむ姿や、レコーディング、ライブパフォーマンス、インタビューを受ける姿などが映し出されている。

同作の公開を記念して、本日10月18日から毎週1本ずつ般若の未公開PVを公開。第1弾として撮影当時に訃報が入ったという故・山本KIDの映像を使用した“スーパースター”が公開された。

なお本日10月18日は般若の誕生日。

般若のコメント

全米が泣かなくて申し訳ありませんでした。
深く貴方の心に突き刺します。


作品情報

『その男、東京につき』

2020年12⽉25⽇(金)から東京・ヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国で公開
監督:岡島龍介 出演: 般若 Zeebra t-Ace R-指定(Creepy Nuts) T-Pablow Gami BAKU 松井昭憲 ほか 配給:REGENTS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 般若の記録映画『その男、東京につき』12月公開 Zeebra、R-指定らが出演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて