ニュース

映画『PLAY 25年分のラストシーン』冒頭映像&大九明子らのコメント到着

『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

映画『PLAY 25年分のラストシーン』の冒頭映像が到着した。

11月6日から公開される同作は、フランス・パリを舞台に、1990年代から2010年代までのホームビデオの映像をつないで振り返る手法を用いて、主人公がJamiroquai、Oasis、レニー・クラヴィッツ、アラニス・モリセットらの楽曲と共に人生を「PLAY」していく作品。38歳のマックスが、13歳から25年にわたってビデオカメラで撮り続けた自身を振り返り、新たに「映画」のラストシーンを準備する様を描く。マックス役にコメディアンのマックス・ブーブリルがキャスティング。監督をアントニー・マルシアーノが務めた。

公開された映像にはblink-182“What's My Age Again?”、Spin Doctors“Two Princes”を使用。38歳のマックスが重大な決意を前に25年間撮りためた映像を振り返り始めるシーンを捉えたもの。テープが散乱した部屋や、マックスが「改めて振り返ってみよう。今日は特別な日だから、最初から再生する」と語る姿、13歳のマックスが撮影した家族の団欒の様子などが映し出されている。

今回の発表とあわせて、アントニー・マルシアーノ監督、大九明子、加藤紀子、伊藤さとり、中井圭、松崎健夫のコメントが到着。さらに「あなたの青春プレイリストは?」ハッシュタグキャンペーンが11月1日まで実施されている。配給のシンカの公式Twitterアカウントをフォローし、「#Playあの頃」をつけて思い出の楽曲とエピソードを投稿すると全国特別鑑賞券などが抽選でプレゼントされる。

アントニー・マルシアーノ監督のコメント

僕が作ったこの『PLAY 25年分のラストシーン』という作品は、この年齢になったらもう二度とできないことを、もう一度体験したいと思って作りました。初恋、家族や仲間との話、18歳や20歳の時のバカンス、それ以外にも1998年のフランスワールドカップや2000年のミレニアムパーティなどの思い出……自分の人生のたくさんのそういう時をもう一度体験してみたかった。みんなにもこの体験をしてほしくて、それでビデオを撮っている主役の立場で(主役の目線で)観られるように作りました。そうすることで、各人が自分自身の人生をもう一度振り返ることができるようになると思ったからです。
この映画を観ると、皆さんも自分の人生を振り返れるのではないかと思います。ぜひこの映画を観て、泣いたり、笑ったり、人生について考えてくれたらうれしいです。

大九明子のコメント

マックスと一緒に25年。贅沢な映画ですね。知らず知らず、自分にとって大事な人の幸せを祈るような気持ちで観ていた、そしたら涙がこみ上げた。マックスが幸せなら、私も幸せです。

加藤紀子のコメント

忘れてしまいたい青春の記憶と消えてはくれない時間の記録。25年分の動くアルバムは間違いなく、一生の宝。薄ぼんやりして過ごしたあの昔をやり直せたら・・と大人になってふと思うことがあるけど、映画を見終えた後では、その瞬間は間違いなく猛烈に生きていて、だからこその今があるのかも・・そう気づけたような。
パリでの語学留学中、NOKIAの携帯(劇中と同じタイプ)使ってたなあ・・なんてことも思い出しつつ。

伊藤さとりのコメント

映画から再生ボタンを押されたように私たちの青い青春が音楽と感情で溢れ出す、くすぐったい高揚感がたまらない。

中井圭のコメント

主人公のカメラが捉える被写体は、彼の目線の先にある。言葉は裏腹で頼りなくとも、無意識の想いをカメラは見逃さない。主観撮影という演出が、言外の不器用な感情を器用に映し出す。

松崎健夫のコメント

映像は思い出を視覚化させるが、見えない心の内を記録することは難しい。しかし、撮影者の“想い”は不思議と映像に刻まれるようだ。何気ない映像に初めて“彼女”が登場する姿。観客は“想い”を悟り、やがて愛おしくなるからだ。

『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
『PLAY 25年分のラストシーン』 ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
画像を拡大する(12枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性